ブログトップ | ログイン
わくわく挿絵帖
sashieari.exblog.jp
リュックの中身
b0185193_23555882.jpg

 ぼくの場合、一日の中で午後の数時間は、多くは原稿を読むことに費やされます。自宅で読むといつの間にか寝てしまうことが多いので、大概は近くのファミレスへ行って読みます。
 
 そのとき、原稿は小振りのリュックに入れ自転車や徒歩で出かけます。リュックの中には原稿の他には、筆記用具・デジカメ・文庫本数冊がいつも入っています。これがいわば、ぼくの七つ道具になります。
 
 文庫本数冊のうち2冊は何年も変わらず同じ本が入っています。それは三田村鳶魚の捕物の話と岡本綺堂の半七捕物帳です。この2冊は何度も繰り返して読んでいます。なぜなら江戸時代へタイムスリップするトンネルの入り口が口を開けて待っているからです。

 タイムスリップから戻ると、帰りにドラックストアやスーパーに寄りサブリメントや玉ねぎなどを買い、リュックに入れて帰ります。

b0185193_2357757.jpg

by arihideharu | 2010-01-12 00:01 | 挿絵 | Comments(0)
<<  女優、森光子のいとこの話。 これはここ数年で、最大の事件 >>