ブログトップ | ログイン
わくわく挿絵帖
sashieari.exblog.jp
春よ来い
b0185193_23443942.jpg


 春が近づいているのが嬉しいこの頃です。ぼくは雪国育ちですから、この春という季節にひとしおの思いがあります。

 ぼくが生まれ育った横手はかまくらの行事で知られる、非常に雪深いところです。思い出す冬景色は、一階のひさしに達するほど雪が積もり、すべての物が雪の中にすっぽり埋もれてた町並みと、それを取り囲む山々です。

 11月に初雪が降り、12・1月に積もり始め、根雪となります。3月にとけ始め、4月は残雪。長い長い冬です。ですから、春が誰もが待ち遠しいのです。

 3月頃だったと思います。年は12・3歳ごろ。ぼくはお使いを頼まれました。実家は商売をしていましたから、よくあることです。 
 
 昼下がりでした。その日はお日様がポカポカと暖かく、家の前のの道路は雪が大方とけアスファルトの路面も乾いていました。なんと嬉しいことでしょう。待ちに待った春到来です。
 
 ぼくは身支度を始めました。いつもなら、防寒着に手袋、そしてゴム長靴を履いて出かけます。お使い先の距離と、きょうの天気を計りました。それに春が来た嬉しさを加えます。ぼくは身支度をやめ、部屋着とサンダル履きで出かけることにしました。

 もう春爛漫の心持ちです。外は日差しがあり家の中より確実に暖かいし、自転車をこぐ気持ち良さったらありません。空を見上げると、冬は遠ざかり春の空の先にきらめく夏が待っているようです。
 
 しかし、それは大きい通りだけのこと、裏通りや路地はまだまだ冬が残っています。でも、負けてはいません。北国育ちの少年は、雪道の自転車乗りは慣れています。自転車をジクザクさせながら、難なく目的地に着き、頼まれ物を受け取りました。

 事件は帰り道に起きました。水溜まりになっていたワダチにハンドルが取られ自転車が倒れそうになったのです。ぼくは両足で踏ん張り、なんとか自転車を支えました。が、その拍子にサンダルの甲当てが切れてしまいました。ぼくの片足はサンダルから離れ、雪どけの泥水の中です。おまけにお使い物が入った配達袋が自転車かごから飛び出ています。裸足となった足で立ちながら、お使いものを改めました。幸い配達袋が少し濡れただけで中身は無事です。壊れたサンダルと一緒に自転車かごに入れ直します。

 ぼくはその後、裸足となった片足とともに自転車に乗り、雪の悪路では氷のように冷たくなった足で自転車を押しながら歩きました。

 気がつくと、何故か涙がこぼれています。なかなか止まりません。日は陰り始め、寒さが襲います。春がそこまでやって来ているのに、遠ざかって行きます。ちょっと切ない思い出です。

b0185193_23242938.jpg

by arihideharu | 2010-01-25 00:20 | 思い出 | Comments(0)
<< もうひとつの世界 ソッソ ソクラテスもプラトンも >>