ブログトップ | ログイン
わくわく挿絵帖
sashieari.exblog.jp
マキノ雅弘の明るさ
b0185193_4153551.jpg


古い時代劇のDVDを見ていると、黒澤明や溝口健二も良いがマキノ雅弘作品もやっぱり良いなと改めて思います。そう思ったのは、マキノ雅弘の出世作「浪人街」の1957年版を見たからです。半分は近衛十四郎の殺陣を見ようと借りたのですが、結局はマキノ雅弘映画を堪能する一本となりました。

 この映画の大筋は、時代は江戸初期。繁栄し始める江戸の街で、その流れから取り残された浪人たちが、もがき生きそして戦い死んでいくというお話です。こう書くと暗い話のようですが、全体を包むトーンはいたってのんびりと明るいのです。この明るさは脚本を書いた山上伊太郎と同様に太平洋戦争で戦死した中山貞雄作品にも共通したものです。もっと言えば、ほぼ同時代のパリを舞台にしたルネ・クレールの作品にも似ています。

 そして明るいだけではありません。どこかシャレています。それは彼等が育った大正から昭和初期の時代の雰囲気でしょうか。この時代を表す大正ロマンという言葉があります。実はぼくが最も好きな時代でもあります。

 この明るさは映画を見ようとする人々が、潜在的に映画に求める最大の要素かもしれません。そう考えるとマキノ雅弘は最高の映画人だったといえます。

 黒澤明や溝口健二が見せた完成されたリアリズムや美はありません。むしろ、オープンセットや衣装を見ていると興行の世界の胡散臭い匂いさえします。しかし、それを忘れさせる世界をマキノ雅弘は持っていました。

 彼の監督作品を見終わると、時代劇映画には時代考証もリアリズムもどうでもイイと思えてくるから不思議です。

 蛇足になりますが、マキノ雅弘を検索して分かったのですが、AKB48の振り付け師、牧野アンナという人はマキノ雅弘のお孫さんなのですね。思わず画像検索しマキノ雅弘のチンパンジーのような耳が遺伝してないか探しました。

b0185193_417819.jpg

by arihideharu | 2010-08-30 04:27 | 映画・演劇 | Comments(0)
<< 二人のデッサン家 廻り方同心 >>