ブログトップ | ログイン
わくわく挿絵帖
sashieari.exblog.jp
十三人の刺客
b0185193_0123657.jpg


 リメイク版「十三人の刺客」を見てから3週間が経ちます。その間この作品はかなりの傑作だという思いが段々と膨らんできました。

 旧作「十三人の刺客」は1963年の12月公開ですから、「忠臣蔵」のようにオールスターで描くお正月映画として作られたと思います。したがって大御所と呼ばれるベテラン俳優と中堅、そして売り出し中の若手の三者が持ち味を競い合うというのが、筋とは違う芝居の大きな流れです。その作戦は図に当たり、見終わってみると若手里見浩太朗の爽やかで美しい若侍ぶりと、ベテラン嵐寛寿郎のきりっとした佇まいの美しさ、そして中堅西村晃の怪演ぶり…。この三つが時間を経てもぼくには焼き付いています。この映画は芸の伝承と新しいスターを育てるという意味でも成功したと思われます。

 ということはこの筋立てで、最もおいしい役どころはかつて里見浩太朗が演じた島田新六郎の役ということになります。この映画は集団劇であるのと同時に若侍、島田新六郎の青春映画とも言えます。
 
 さて、リメイク版「十三人の刺客」です。ベテラン俳優は松方弘樹ひとりしかいません。かつて片岡千恵蔵と嵐寛寿郎の演じた部分を松方はひとりで背負います。クライマックスのチャンバラでは松方弘樹一世一代の最高の殺陣を見せたと思います。斬られ死んで行く躰の切れは圧巻でした。松方弘樹は間違いなく芸を伝承しました。(喝采)

 十三人のリーダー島田新左衛門は大御所の役どころですが、リメイク版では中堅の役となっています。ご存知、役所広司が演じています。1963年当時は中堅の役者といえば戦中派で西村晃や丹波哲郎のような兵隊帰りが沢山いて、得体の知れない不気味さを漂わせていました。彼等は総じて極限状態の演技が(人を殺す演技も含めて)傑出していました。そして、常に脇にいて戦前派の大物役者を食っていました。
 
 ぼくは役所広司の世代ですので、「一体何をぼくらの世代は作り伝承していくのか?」ということを映画を見ているあいだ考えていました。というのも、ぼくらの世代には時代劇における芸も戦中派のような存在感もないと思っているからです。さらに大きく危惧されることがあります。時代劇を伝承するには我々日本人の体型と生活様式が変わってしまったことです。165センチ前後の男子が刀を振り回すから美しい殺陣や所作が生まれるのですが、180センチを超える男子がゾロゾロいては刀も殺陣の形も変えるしかない事態です。この問題は近年の課題だったと思います。

 その答えをリメイク版「十三人の刺客」は実は冒頭で見せています。この映画は濃厚な切腹シーンから始まります。これを見たとき、ぼくはフイルムを裏焼きしたのかと思いました。というのも着物の襟は左前だし、それに脇差しを左手に持ち腹に突き立てていたからです。左前襟の切腹は始めて見ました。冒頭から(?)です。しかし、これは新しい時代劇を作る意思の表れと挑戦の表明であると思い直しました。流派によってはこのやり方もあったかもしれないと思ったからです。また物語の発端となる、暴君の前に現れる他家のうら若い妻女が能面のように眉を剃りお歯黒をつけ怪しい色気を放って登場します。このメイクを映画で見るのは久しぶりです。

 さらにアクションにおいても剣豪平山九十郎の殺陣は西村晃の縁日の居合い芸のような怪しさはなく、井原剛志の殺陣は古武術の型稽古のような重厚な趣がありました。そして、若侍島田新六郎を演じる山田孝之はカンフーアクションもどきではなく、見事な合気道のような柔を見せます。つまり新しい時代劇とは奇をてらった新しさを求めるのではなく、素直に温故知新をすることではないかと問うているのです。

 名作時代劇がこのところ次々にリメイクし必ずしも良い結果を得いてない中、このリメイク版「十三人の刺客」はオリジナルを超えた時代劇映画史上に残る傑作になったと思います。

b0185193_0134453.jpg

by arihideharu | 2010-10-31 01:20 | 映画・演劇 | Comments(0)
<< 少年文化 空中歩行 >>