ブログトップ | ログイン
わくわく挿絵帖
sashieari.exblog.jp
「めまい」

b0185193_138149.jpg


 先週あたりまでBSでヒッチコック特集をしていました。その中でぼくは「めまい」を見ました。数多い名作の中で特にこの作品を見たいと思ったのは、勿論キム・ノバックを堪能したいというのもありますが、実はジェームズ・スチュワートが演じる主人公の昔の彼女が住むアパートのセットをもう一度じっくり見たいと思ったからです。

 彼女の職業は画家という設定で、アパートの広いフロアはアトリエになっています。このセットが実に素敵に出来ていて、こんなアトリエをいつか持ちたいと「めまい」見た当初からずっと思っていたのです。とはいうものの、このアトリエの細部の記憶はかなり薄らいでいます。ですから、再確認しておきたかったのです。

 20畳を少し超えるぐらいの部屋でしょうか。ゆったりとした窓には、すだれのブラインドが掛かっていて少し南国を思わせます。部屋の中央には商売道具の仕事机、イーゼル、壁にはたっぷりの本棚を置いています。空間はまだまだ残っています。そこにはささやかな台所とバーカウンター、ソファーや椅子がきれいに配置されています。空いた場所ではちょっとした運動も出来そうです。けっして大き過ぎず豪華でもないのが魅力です。むしろアメリカの基準からいったら、かなり質素かもしれません。

 こんなアトリエが欲しいと思ってから大分経ちますが、ちっとも実現せず、狭い我アトリエといったら、書き損じの下絵や資料の山は乱雑を極め、どこから手を着ければ片付くのか、正月を前にして嘆息をつき「めまい」がしそうです。

b0185193_1385498.jpg

by arihideharu | 2010-12-27 00:17 | 映画・演劇 | Comments(0)
<< 新年 映画「武士の家計簿」 >>