ブログトップ | ログイン
わくわく挿絵帖
sashieari.exblog.jp
フィンガーピストル
b0185193_23413916.jpg


 ふたたび、新宿で夜間のバイトをした帰りに出会った不思議な出来事について書こうと思います。

 その日新宿駅の中央線下りホームは、電車が出たばかりで終電間近にも関わらずまばらな客しかいませんでした。

 ぼくは列の先頭に立ち電車の到着を待っていました。何気なく左隣の列に目をやると、先頭の学生風の痩せた男が、腕を水平に突き出し親指と人差し指でLの字をつくり、ピストルを撃つ真似をしています。

「ずいぶん子供っぽいことをしているな」とぼくは思いながら、彼の人差し指の先を見ました。すると線路を隔てた向かいの壁に、ウイスキーの宣伝なのか棚に酒瓶を並べたポスターが貼ってあります。

「なるほど、これはお誂え向きだ」

 そうです、子供のころ縁日でやった射的をやっている気分にその男はなったのだと分かりました。彼の頭の中では指先からはコルクの弾が猛烈な勢いで飛び出しているに違いありません。ぼくは思わず苦笑いをしました。

 ところが何度か彼に視線を向けているうち、ちょっと違和感を覚えました。というのは彼があまりにも真剣に的を撃つ動作を何度も繰り返しているからです。その姿は、弓道の型稽古のようにゆっくりと、しかも威厳さえ感じられます。「いやに真面目、いや真面目過ぎるな」そう思いました。

 電車が到着しました。ぼくは車両が停止するのを待ちながら、左手にまた視線を向けました。さすがに奴さん、ピストルを撃つ真似は止めたようです。こころがその時です。その男は急にぼくの方を向き、右腕を伸ばし銃口を向けてきました。

「あっ!」ぼくは反射的に躰を捻りながら傾斜させました。勿論、弾を避けるためです。その時、後ろで人が倒れる気配と呻き声のような音を聞きました。しかし、ぼくは後ろの様子を確かめることをせず、停止した車両に乗り込みました。ドアが閉まり、電車が発車します。

 これだけの出来事だったら、多分ぼくは多くの空想と同様忘れて思い出すこともなかったでしょう。

 ところが次の日、テレビをつけると大きなニュースが流れていました。

 「昨日、総理大臣が新宿での街頭演説中、急に身体に異変をきたし入院」というニュースです。どうやら国家の緊急事態という気配がうかがえます。

 やがてテレビ画像は、スタジオから入院先の病院前の生中継に移ります。記者が盛んにリポートを始めます。

 それを見ているうちに、その記者が痩せた学生風の風貌を持っていることに気がつきました。 

 ぼくはすでにテレビに釘付けになっていました。昨夜ぼくに指のピストルを向けた痩せた若い男とその記者が、瓜二つではありませんか?

 しばらくの間、ぼくはこの一連の出来事をどう頭の中で処理していいものやら考えあぐねました。

b0185193_23383499.jpg

by arihideharu | 2011-07-24 23:51 | 思い出 | Comments(0)
<< 少女漫画 モダンでハイカラ >>