ブログトップ | ログイン
わくわく挿絵帖
sashieari.exblog.jp
映画『クラウド アトラス』
b0185193_22591613.jpg


 大概の映画はストーリーを訊かれて困ることはありません。「ブルース・ウイルス主演のアクション映画で…」と切り出せば多くの人は絵をうかべるでしょうし、舞台設定をいうだけで、話しの結末まで言い当てる人もいるかもしれないからです。ところがウオシャウスキー兄弟の最新作『クラウド アトラス』はその点大いに困ります。
 何故なら、トム・ハンクスが出るSF映画と言われても想像しにくいし、舞台設定を訊かれても、そもそもひとつではなく、時代が違う別々の物語がバラバラにコラージュのように展開しているので、これを整理して説明するのがむずかしいからです。
 
 そんな理由もあって冒頭の5分、観客は何がなんだか分からない混乱の中に置かれます。ところがこの映像感覚が何かに似ているのに気がつきます。それは多くの人が死を覚悟したとき、異口同音に例える「走馬燈のように自分の一生が脳裏にうかぶ」という、あの感覚です。そう、断末魔の感覚です。
 しかしながら、この不思議な映像も見慣れてくると筋が見え始め、6つの時代設定の違う物語が同時並列的に進行していることが分ってきます。そして、大きな共通項も見え始めます。
 ひとつは、各時代の主人公が生死に関わる危機な状況下にあること。そして、いまひとつは総ての物語の主要キャストがメイクアップと衣装をかえて、重複した少数の役者で演じられていることです。いわば、歌舞伎のように早変わりで因縁因果の物語を演じる形式です。 

 ウオシャウスキー兄弟作品の特徴は『マトリックス』でも見られるように、いま自分がいる世界は、誰かの夢かもしれないという感覚が、全体をおおっていることです。自分の存在あるいはこの世に「ゆらぎ」を見ているのです。
 それは、この世に絶対的価値をおく「危うさ」を察知してしまった者たちの群れが、自分の親や兄弟あるいは祖国さえフェイクではないかと疑い出し、迷宮の中に入ってしまった軌跡が映画『マトリックス』なら、『クラウド アトラス』は迷宮に入りながらも戸惑いはうすらぎ、ついに迷宮を俯瞰する眼を身につけた者たちの群像劇です。しかもこの眼は複眼で、この世は幾重にもなる多元的存在に写っているのです。つまり輪廻転生を目視するに至っているのです。

 多分、日本人の多くは『クラウド アトラス』から手塚治虫の『火の鳥』を連想し、『火の鳥』を映画化するなら、この方法があったかと膝をうったと思います。すなわち、Ⅰ話2話と長編を連作する形ではなく、総ての時代の物語を並列進行させるこの遣り方です。
 そしておそらく、日本の映画監督やアニメ作家は「またやられた」感に襲われたのではないかと想像します。
 しかもこの映画は、東洋的世界観を大げさに語らず、むしろこの世の不可解さに理由を求めないさりげなさは『ライフ・オブ・パイ』といい勝負で、これがこの映画の美点で大傑作になった理由と思われます。
by arihideharu | 2013-03-30 23:00 | 映画・演劇 | Comments(0)
<< 奉行所つき中間 ファミレスで一杯 >>