ブログトップ | ログイン
わくわく挿絵帖
sashieari.exblog.jp
肩飾り
b0185193_21460959.jpg

 いつぞや歌舞伎座で『義経千本桜 鳥居前』を見ていたら、花道から鬼退治の桃太郎のような格好の陣羽織姿の若侍(義経)が出てきました。
 ぼくはそのとき軽いめまいを覚えながら膝を叩き、なるほどと一人納得しました。
 というのは、その陣羽織に肩章のような派手な肩飾りがついていたからです。
 
 陣羽織の肩章は、明治維新時の西洋の影響をうけたスタイル(階級章)だということは、一般に知られています。
 実際、様々な武将図を見ても先の若侍のような陣羽織は見あたりません。
 
 ところが、頻度は多くはありませんが戦前のスチール写真を見ても、戦後の全盛期の映画を見ても、はたまた最近の戦国期を描く映画を見ても、肩章つき陣羽織を見つけることはさほど難しくありません。
 
 実は近年、この陣羽織のミスマッチが増殖しているのではないかと密かにぼくは思っています。
 理由は、テレビバラエティー等での戦国武将の再現ビデオや全国に出没するコスプレーヤーたちの画像にこの組み合わせをよく見かけるからです。

 冒頭の観劇でひとりごちたのは、花道から義経が登場したとき、ぼくは中村錦之介・主演『独眼竜政宗』(1959年)での若武者姿がフラッシュバックしたことにあります。
 派手な肩飾りがついた陣羽織をまとい、颯爽とした若武者ぶりがそっくりだと思ったのです。
 と同時に陣羽織の誤用のもとは、ここにあったのかと直感したのでした。

 考えるに、義経と政宗は東国ゆかりの雄という共通項があり、また歌舞伎をトレースして始まった時代劇ですから、伊達政宗を描くとき義経の衣装から想を得た可能性は大いにあり得ます。

 おそらく、このスタイルは幕末の動乱期に、官軍の将がまとった陣羽織を見た江戸の芝居者が、目ざとく取り入れたと想像できます。

 これらの世界観は時代考証(科学)的それとは違う芸能世界独特の外連(けれん)の神を信じる輩の世界観で、時代劇全盛期、東映に色濃くあらわれていました。

 古来芸能者は体制の外に棲み、歴史を縦横無尽に飛び廻り、六道を輪廻転生しながら無数のパラレルワールドの物語をつむぎ出してきた者たちです。

 花道から若侍が出てきたとき、ぼくが軽いめまいを覚えたのは、時空のゆがみをに引き込まれたせいだったのでしょう。

 しかしながら、この衣装の発信元は時代を超えて同一で、出雲の阿国の頃より古く、京都あたりで動乱と圧政の度に栄えた古物商や古着屋の末裔ではないかと思いを巡らしています。

by arihideharu | 2017-03-11 21:49 | 映画・演劇 | Comments(0)
<< 秋山小兵衛 竹刀稽古 >>