ブログトップ | ログイン
わくわく挿絵帖
sashieari.exblog.jp
東京ポッド許可局
b0185193_00074955.jpg

 ラジオ好きのぼくが今一番面白いと思う番組は、TBS『東京ポッド許可局』です。
 これは3人組の知的水準の高いお笑い芸人が1秒の間も置かず、およそ荒唐無稽な話題を小理屈と屁理屈で埋め尽くすというものです。
 自明のことですが、気のきいた小理屈・屁理屈ほど面白く可笑しいものはありません。

 ぼくが若いころ、世の中には小理屈と屁理屈が満ちあふれていました。
 それは言論が封殺された戦時中の反動が後押しして、あらゆるエネルギーが負け戦の言い訳に注がれていたからです。
 そのとき、思想とは言い訳の別名かと思ったほどです。

 それからしばらくすると、小理屈・屁理屈の対象が変わっていきます。社会や歴史という見えないものから、日常の見えるもの触れるものへです。

 伊丹十三は映画を撮るまえ文筆家として、ざるにはさまった最後の一本の蕎麦を、いかにスマートにつまむかとか、スパゲッティの麺と具を、きれいにフォークでからめ取る方法にウン蓄を傾けていました。
 また、無頼派の作家壇一雄は小説より、手慰みの料理本のほうが売れます。
 沢木耕太郎は思想よりボクシングや冒険を語るほうが格好イイことを教えます。
 そしてタモリが登場し、思想を笑いに変えます。
 
 これらは不毛な言い訳よりよっぽど面白く、少なくとも論争をして険悪になるより、美味しい酒食や笑いは人を幸せな気持ちにしてくれます。
 
 多分この流れの中に今もあり、この先人たちの巧妙な芸は一般化と群小化の道をたどり、市場は拡大の一途のようです。
 時折、この市場で一番潤ったのはグルメとスポーツと冒険ネタをこなせるお笑いタレントかなと、テレビをつける度に思います。

 そして、ここ数十年で分かったことは、すべての言説は笑いをともなった方が伝わりやすいということです。
 たとえ見当違いや間違ったことをを言っても、笑いをとれば許容され、正論を論破することも可能です。となれば、すべての論客は笑いをとる必要があります。
 しかしながら、笑いをとろうとする論客ほど胡散臭く白けるものはありません。
 下手をすると真っ当なことを言っても、信じてもらえない事態が起こり得ます。
 ことほどかように、笑いをとるとは誠にむずかしいものです。

 以上のような小理屈は、すべて「東京ポッド許可局」で毎回語られていることです。

by arihideharu | 2017-08-24 14:49 | 暮らし | Comments(0)
<< 剣客像 女優を美しく見せるトム・クルーズ作品 >>