ブログトップ | ログイン
わくわく挿絵帖
sashieari.exblog.jp
カテゴリ:読書( 20 )
秋山小兵衛
b0185193_21312415.jpg

 ときどき無性に読みたくなる本に、池波正太郎の時代小説があります。
 20年以上前、今の家に引っ越したとき本をだいぶ整理しました。その中には読み終えた池波本もかなり混じっていました。
 間もなく『剣客商売』や『鬼平』の新刊が出たので読み始めました。すると止まらなくなり、結局旧作を買い直すことになってしまいました。不覚でした。
 それほど、池波作品には魅力があります。

 そして今はオーディオブックをダウンロードし、仕事をしながら耳で楽しんでいます。
 ぼくのお気に入りは『剣客商売』です。聞いていると、「近頃の時代小説とちょっと違うな」と思うことがあります。

 例えば、老剣客秋山小兵衛は剣を交えるとなると熾烈で、敵の手足を斬り落とすか殺すかで、雑魚相手ならともかく峰打ちなどという、まどろっこしいことはしません。

 近年、時代小説はいつの間にか人にやさしい剣客像になっていて、簡単に人を斬らなくなっているという印象があり、多分そのせいでしょう、小平衛老人の剣が鉄槌のような激しさを覚えます。 

 また、息子大治郎が剣をとったときも「斬ってもかまわぬ」と声をかけ、暗に「殺せ」と命じます。 
 一方、渡世の木刀試合となると「負けてやれ」と前途有望な息子の青年剣士に八百長をすすめたりします。
 さらに、懐が寒くなると裕福な旗本家のスキャンダルに首をつっこみ、礼金をたっぷりもらい嬉々とします。そして金離れもよく、仲間への分配も怠りません。
 このあたりが思いっきりハードボイルドです。
 
 優しさと厳しさの振れ幅の数値の大きさが、ハードボイルド指数と仮定します。
 振れ幅が少ない方がストレスが少ない生活といえ、その分ハードボイルド指数が低くなります。
 秋山小兵衛のハードボイルド指数はかなり高めです。
 この数値が高いと、老齢であっても性欲が異常に高まる傾向があるようです。

 秋山小兵衛の肖像画を描くとしたら、市井と交わりながら酒色を楽しみ、剣の道を極めようとする、大げさに言えば親鸞上人のような姿ということなのでしょうか。

 秋山小兵衛は「極悪非道の者が日常的に喜んで善行を行い、善人とみえる者が危うい嘘の上に生活を営む。人は善と悪をたえず行き来して生きているものだ」と言います。

 小兵衛が人を斬るは、いわゆる引導を渡す行為で、刹那閻魔さまを憑依させます。
 この行為は本来人の領分を越えています。ですから、行使し過ぎると人格障害をおこす可能性があります。
 歴史上の暴君の例を出すまでもなく、ハードボイルド小説の主人公がアル中であったり、シャーロック・ホームズが薬中であったりというのは、安全装置が機能している状態と考えられます。

 秋山小兵衛の日常がうららかに見えるのは、若過ぎる女房をもらったり、自由に使える桁外れの大金を手に入れたりと、めぐまれた安全装置が用意されているからです。
 勿論それらは小説だから出来ることで、このあざとさが池波作品の魅力です。

by arihideharu | 2017-03-29 21:33 | 読書 | Comments(0)
『蝉しぐれ』のこと
b0185193_22242116.jpg


 小説を読んでいて主人公が魅力的な若者なのに、親の立場で読んでいる自分に気づき、ハッとすることがあります。歳をとったということが分かる瞬間です。近頃は慣れてきましたが、最初のころは驚きうろたえました。
 驚きは想定をはるかに超える年月の過ぎる早さにあり、うろたえは自分の未熟さにあります。
 少々大げさに例えるなら、頭の中は子どもなのに現実は年をとり、子を持つ親になった我が身の異形を姿見に初めて見た、モンスターの叫びといったところです。

 ぼくの場合それは藤沢周平・著『蝉しぐれ』を何度目にかに読んだとき、最初のショックを受けました。
 周知のように『蝉しぐれ』は逆境を乗り越え、少年剣士牧文四郎が恋と冒険の果てに、正義と幸せを手にする成長談です。同時に堂々たる青春小説で、誰もが好物とするところです。

 ショックを受けたのは物語の前半です。
 それは貧しいながらも幸福といえた少年時代の文四郎のエピソードです。

 武家の子弟は、毎日学塾と武芸道場に通うのが習いです。
 文四郎も毎朝出かけるのですが、なにしろ食い盛りです。いつのころからか文四郎は剣術道場前の屋台で、団子の買い食いを始めます。
 とはいうものの彼の家は貧しいので、そんな余裕はあろうはずもありません。
 しかしそこに友ありです。
 生涯の友となる小和田逸平は家格が中級に属し、懐が少し暖かく、買い食いのパトロンとなります。
 稽古を終えてからの団子食いは、少年剣士たちの至福の時です。仲の良い友と食うのなら、なおさらです。

 そのことが母に知れます。
 「小和田様ではどういう躾をしているのでしょうね」とつぶやきます。
 母は内心激昂しつつも、静かに説教を始めます。
 
 怒りの理由は想像できます。
 ひとつは、買い食いは武家の子にとって褒められた行儀ではなく、また親にしてみれば、貧しくとも我が子に、ひもじい思いをさせた覚えはないという自負があります。そこに、空腹でも我慢をするのが侍だという考えも交差します。
 さらに常識として、むやみに借りを作ることは、武家でなくとも世間を渡る上で、戒めなくてはならない第一義です。
 しかし何よりいやなのが、目の前の我が子がしれっとし、恥じる様子を見せないことです。
 そんな諸々のことが、文四郎の母を呆然とさせます。

 ここに至り、ぼくは叱られる子の立場でなく、完全に親の立場で読んでいる自分に気がつきます。彼女の気持ちがぼくと同期しているのが分かったのです。
 
 やがて文四郎の母は、この事件の解決方法を見つけます。
 
 彼女は興奮をしずめ小銭を用意し、こう言います。
 「外でお金を使っていいというのではありませんよ」
 「万一のとき、恥をかかないためです」といって文四郎に渡します。
 
 ぼくはウットリしました。なんて綺麗な諭し方なんだろうと思ったのです。
 と同時に、このセリフは使えると思いました。
 というのも息子たちが、少年期に入った現実があったからです。
by arihideharu | 2015-09-30 22:24 | 読書 | Comments(0)
女密偵おまさ
b0185193_13395991.jpg


 ときどき思い出す池波正太郎の鬼平犯科帳の一遍に『血闘』という作品があります。
 女密偵おまさに光をあてた物語です。

 粗筋はこうです。
 おまさは目星をつけた盗人宿を、いつものように小間物の行商をしながら捜査をする日々を送っています。
 ところが、このときばかりは運悪く正体が割れ、さらわれます。
 おまさはしかし、一間っきりの自宅の畳に縫い針を刺し、手がかりをのこします。
 鬼平はそれに気づき、単身追います。

 場面は変わり盗賊の隠れ家です。
 荒くれ男たちにおまさは素裸にむかれています。
 ご存じのようにおまさは、少しトウは経っていてもイイ女です。苦悶のときが流れます。相当数の男に辱めを受けます。
 
 そのとき鬼平はやっと隠れ家にたどり着き、様子を探りながら応援を待っています。いかに鬼平とて、むやみに虎穴に入ることはしません。10人ほどいる盗賊の宿です。
 鬼平はじれ始めます。彼の勘はおまさの危急を知らせています。
 鬼平は乗り込みます。そして、例のごとく鬼神となり、悪漢を倒します。しかし、多勢に無勢、寄る年波も加わり、彼の命も風前の灯火となります。そのとき応援が駆けつけます。

 絵が浮かぶ流れるようなシーンです。大向こうから「播磨屋」と声が掛かる場面です。

 終盤に入ります。
 鬼平は、ぐったりした素裸のおまさに声をかけます。
「苦しかったろう」
「いいえ……こんなことぐらい、覚悟のまえでございます」

 おそらく現代の小説家は、こんな淡白な科白で物語に決着をつけるのは難しいと思われます。
 今の社会は、個人にフォーカスし現世の理屈で描くしか手だてがないからです。

 その点、江戸人のしっぽを持つ池波正太郎には、説話文学のように世の中をあっさり輪切りして見せるような、明快さがあります。それが池波文学の魅力です。

 つまり、おまさの科白は現代では禁じ手に入り、池波正太郎にとってはこれ以上書くのは野暮になるのです。
by arihideharu | 2015-08-17 13:19 | 読書 | Comments(0)
岡っ引きの手札
b0185193_1531554.jpg


 少し前テレビをつけると、人気ドラマ『天皇の料理番』が流れていました。
 場面は主人公の青年が旧江戸城へ初出仕の様子です。
 彼は堀にかかる橋をわたると、門番に止められ誰何されます。すると彼はニッと笑い背広の懐から、将棋形の3寸ばかりの真新しい木札を出します。
 それには「宮内省」と鮮やかに墨書されています。
 門番はその札を見て直ちに6尺棒を引き、城門をとおします。
 青年が支給された手札によって、始めて『天皇の料理番』の身分を行使した瞬間でした。

 ぼくはこれを見て、あることを思い出しました。長年疑問に思っていた事柄です。

 江戸の小悪党が、岡っ引きに取り立てられるとき、町奉行所の同心から、奉行所の御用をつとめる者だということを証明する手札をもらいます。
 この手札を連想したのです。

 手札という言葉は現代人はあまり使いません。
 トランプの手札以外に、思い浮かべるのは、札(フダ)の文字から銭湯の下足札のような木札を連想します。
 あるいは名札・名刺の類でしょうか。
 
 一般な考証本には岡っ引きの身分を保障する手札の形状についての具体的な説明はありません。
 したがってぼくは長い間、岡っ引きが所持する手札がいかなる物かと、疑問に思い続けていたのです。
 
 ところが、ドラマ『天皇の料理番』で主人公があまりに鮮やかに木製の手札によって自分の身分を証明したので、この分かりやすさに感嘆したのでした。

 岡本綺堂の『半七捕物帳』には、半七に仕事を依頼するお武家が、名刺を差し出し自己紹介する様子が描かれています。
 おそらくその名刺は半紙を何等分かして、身分と姓名が書かれているものと思われ、紙入れにでも入れていたと考えられます。
 江戸末期にはこのように名刺の使用があったことが一般に知られています。

 しかし、岡っ引きの身分証である手札がいかなる物か知る手だては、ぼくの知る範囲にはありません。

 ただ多数書かれている捕物帳(小説)には極たまに、以下のような描写を見ることがあります。
 
 廻り方同心Aが新しく加える手下Bに、「此者B存じ寄りの者に有之(これあり)。南町奉行所定町廻り同心A」などと美濃紙に書いて渡す様子です。
 この描写がどこからきたかぼくは知りませんが、リアリティーがあります。
 有名な古書に書かれた、常識的な事柄なのかもしれません。
 
 この説にしたがい手札が紙製なら、奉書紙などに包み、神棚にでも保管するか、ときには折り畳んで懐に入れていたかもしれません。

 また、半七のような優秀な岡っ引きは出入りする役人宅を複数抱え、手札を何枚も持っていた可能性もあります。
 逆に、先代がもらった手札を使い回すいい加減な岡っ引きや、任命した同心がすでに亡くなっていても、更新しないまま骨董のような手札を使い続ける、図々しい岡っ引きもいたと考えられます。

 ぼくとしては、手札があるなしによって、情報屋である岡っ引きが表稼業か、世間に顔の出せない裏稼業(いぬ)となったと想像しています。

 いずれにしろ、江戸の法は曖昧さが信条ですから、線引きは野暮というものかもしれません。
by arihideharu | 2015-07-29 18:30 | 読書 | Comments(0)
100倍面白い山手樹一郎
b0185193_1715589.jpg


 戦後黄金期のチャンバラ映画のラインナップを見ると、ポスターを眺めているだけで元気になったりウキウキしたりと、華やかな雰囲気が伝わってきます。また映画自体も実際に明るく軽快な作品が多いのですが、その中でも秀作と思われるものの中に、山手樹一郎の小説をネタ本にしている作品が実に多いことに気がつきます。
 山手樹一郎というと『桃太郎侍』が代表するように、人品卑しからざる若侍が恋と冒険の旅をしながら、お家騒動にからむ天下の悪を退治し、なおかつ恋を成就させ終わるという型をもった作品群です。
 古い時代小説ファンが、司馬遼太郎や池波正太郎のブーム以前、大いに楽しんだ作家です。
 ぼく自身も、山田風太郎と山手樹一郎をバックに入れておけば安心という時代がありました。
 両氏とも長編の作家で、読み始めたら一気呵成。快感が身体を駆け抜け、幸福な時間が過ごせること請け合いでした。これは小説のありようとして最高位といえます。
 
 山手樹一郎の作品群のなかに『夢介千両みやげ』という、異色作があります。
 主人公がめずらしく武家でなく、お百姓です。したがってチャンバラの場面は少なく、それも丸腰ですから防戦一方です。ただ身体が大きいうえ頑丈に出来ているので、喧嘩を仕掛けた方が根負けしたり、また馬鹿力と柔(やわら)の心得があるので、防御が与える敵へのダメージが例えるなら大人と幼児の喧嘩、実は魔神の力を秘めています。
 
 話の大筋はこうです。けたはずれの大百姓の倅夢介は、やや愚鈍にみえる若者です。ある晴れた日、あり余る大金をもって人生修行のため江戸へ出ます。やがて月日はながれ、幾多の冒険と経験を経て、ついには三国一の花嫁をみやげに故郷へ帰るというものです。
 ただこの花嫁、ほかの山手樹一郎作品にみられない特徴があります。すこぶる美形でチャーミングなのは同様ですが、いつものお嬢さまでもお姫さまでもありません。どこの馬の骨とも分からぬ女道中師(街道筋を仕事場にする掻っ払い)です。映画なら、さしずめ木暮美智代の役どころです。いわば悪女との恋路です。
 ぼくはこれをアンパンマンとドキンちゃんの恋物語と読みました。というのも、百姓夢介はアンパンマンのように常にやさしく、困っている人に遭えば持ちもの総てを与る癖がある若者ですし、片やすれっからしの女道中師は美形ですがワガママなうえ、すぐカッとなって口ばかりか手も出る、いたって扱いにくい女という点がドキンちゃんそのものだからです。
 
 話しの展開はこうです。悪事を重ねてきた女道中師は今まで出会ったことのない、とびっきりのやさしさと強靭な肉体をもつ若者に出会い、驚愕しやがて焦がれます。この菩薩心をもつ若者は拒否することを知りませんから、彼女の恋ごころを流れる水のごとくやさしく受け入れます。
 ところがこの女道中師、独占欲が異常に強く嫉妬心と猜疑心の塊です。夢介がだれにでもやさしいのが気に入りません。特に相手がちょいとイイ女となると、鬼となり蛇となります。
 彼女は次第に己の中になる、異常な邪心を憎み始めます。これを捨てなければ夢介の花嫁になる資格はないと思いつめるのです。
 彼女は恋ゆえに修行を決意し、活火山のように溢れていた己の邪心を鎮める生き方を模索します。
 寓話のようなアンパンマンとドキンちゃんの恋物語が、まるで古代の神話にみえてきます。

 山手樹一郎の小説世界の長所は、読者を幸せな気分にさせてくれることです。多分それは主人公が菩薩の横顔を持つからだと『夢介千両みやげ』は教えてくれます。
by arihideharu | 2014-03-15 00:51 | 読書 | Comments(0)
見習い同心2
b0185193_0583287.jpg


 そんな幕臣の少年たちのことをぼんやり考え散歩をしていたらiPodに岡本綺堂の小説「半七捕物帳」がいくつか入っているのを思い出しました。早速聞き始めた一編は『朝顔屋敷』です。
 話しはこうです。13歳になる850石の旗本の跡取り息子が年に1度の素読吟味当日、試験会場に向かう道でこつ然と姿を消します。これは神隠しにあったものか、ただならぬ事態と当家の用人が、奉行所の役人をとおし半七に捜査を依頼します。すると半七、たいして苦労する様子もなく見つけ出すのです。
 さて、神隠しのカラクリです。この惣領息子、力弥もかくやという美形でかつ頭脳明晰ですが、いたって文弱のたちです。これを日頃から心配していた母親が、我が子が軽輩の倅どもからリンチを受けそうだと聞きつけます。しかも決行は素読吟味の日と予告されています。思いあまったあげくこの母親、主に内緒で屋敷内の押入に息子を隠したのでした。
 手品のタネが分かればあっけない話しです。ただその後、これを手伝った家来はお手討ちにあい、母親は離縁されます。
  
 素読吟味とは寛政期以降、幕臣の子弟たちの検定試験で、これに受かると学力十分と公に認められ、晴れて元服をし、長子は出仕の準備が整い、次男以下は養子の口を待つことが出来るという、きわめて大事なものです。ただ当日、昌平坂には少年たちが数百と集まるため、頑是ない騒動がしばしばあったのでした。
 
 この話しの眼目は、浅知恵に走った愚かな母親にまつわる奇談ではなく、素読吟味から落ちこぼれた御家人の倅が、高禄のひ弱そうな倅を集団でイジメる悪習が幕末にあったことが窺えることです。
 素読試験は年1回で、受験は3度まで許されたようですが、受からないと一人前とみなされない訳ですから厳しいものです。
 おそらく、イジメに走る御家人の倅には、3度目の試験も望み薄な、とうの立った少年もいたことでしょう。それでなくとも、幕末の御家人は貧乏と風紀の悪さが世間に定着し八方ふさがりの身分、このエピソードもそのひとつというべきかもしれません。

 その点、町方同心は不浄役人といわれながらも、実入りのイイほうで、特に出世コースの廻り方同心となると、大名旗本大店からと定期的に扶持が入り、人がうらやむほど内福であったたよし。
 三田村鳶魚は著書の中で、廻り方同心になるまでに12、3歳で奉行所へ見習いに出て、30年あるいは40年、雨の日も風の日も日照りの暑さの中も怠らず背中にヒビをきらして勤め、その中で手柄を立てた優れた者だけがこの役に就けたといっています。
 おそらく『半七捕物帳 朝顔屋敷』のストーリーと考え合わせると、12、3歳で見習いに出る同心の倅は早くに素読吟味に合格し文武に秀でた俊英で、平均的見習いの初出仕は数年後と考えられます。そうなると、月代を剃ってもそれほどいたいげな感じはせず、ニキビ顔がすがすがしく感じられたかもしれません。
 三田村鳶魚がいいたかったのは、手柄をたてつつ辛抱強く勤め上げた、双六のあがりが廻り方同心という意味だけでなく、入ったときから優秀でないとなれないよということだったかもしれません。
 つまり、12歳で見習い同心になった少年は、失敗の許されないエリートだったと想像します。

b0185193_059820.jpg

by arihideharu | 2013-03-10 01:48 | 読書 | Comments(0)
見習い同心
b0185193_20135815.jpg


 時代考証本を必要なときだけ拾い読みするのが言わばぼくの仕事なので、一向に深みのない読み方になっているのは日々自覚しているところです。また、挿し絵は姿形だけ調べ出せばすむことなので、それを言い訳にしているのも事実です。そんな中で、拾い読み程度では分からないことが時々出てきます。
 例えば、江戸町奉行所に見習い同心というのが相当数いました。ところがこの連中の形が見えません。彼らは12、3歳から見習いとして出仕したといいます。現代の年齢に直すと10歳から12歳の少年たちです。
 町奉行所の役人は専門性が高いので、商家の丁稚奉公のように鍛え上げないと務まらないというのが理由です。ただ丁稚奉公とは大きな違いがあります。それは一人ひとりが同心の跡取り息子というところです。
 ところが、この連中の格好が分からないのです。つまり元服してから出仕しているのか、前髪のまま出仕しているのか分からないのです。12、3歳といえば学問も武芸も修行半ばでしょうから、フルタイムの勤務は考えにくく、また前髪のままお城に上がる小姓勤めも江戸期とてあったわけで、それなら丁稚奉公のように前髪のままの奉公もあるような気もします。  
 とはいうものの元服に年齢規定はないので、月代を剃ってから見習いとして出仕するのが普通に考えると自然なのは分かるのですが、現代社会から想像すると12、3歳の遊びたい盛りの子供に月代を剃って働かせるのは、いたいげな感じがするのです。
 この問題は拾い読みでは解決しないので、範囲を広げて調べるべきなのでしょう。
by arihideharu | 2013-03-07 20:17 | 読書 | Comments(0)
『明日のことは知らず 髪結い伊三次捕物余話』
b0185193_1033532.jpg


 今、宇江佐真理さんの「髪結い伊三次捕物余話」シリーズの新刊『明日のことは知らず』(文藝春秋刊)が書店に並んでいます。

 ぼくはこのシリーズの装画を長らく描いていますが、今回はこの本の書評を月刊誌「文藝春秋」の巻末にある「本の話」9月号の中に書かせてもらっています。また、これは「本の話WEB 版」でも読むことが出来ますので、読んで戴けたら幸いです。

 実は宇江佐さんの時代小説家としてのキャリアとぼくの時代物の挿絵画家としてのそれがほぼ一緒で、彼女は迷惑でしょうが、ぼくはかってに戦友のような気持ちでいる作家です。

 この「髪結い伊三次捕物余話」は、いま市井物を代表するシリーズです。面白いので、ぜひ手に取って戴けたらと思います。

b0185193_10375731.jpg

by arihideharu | 2012-08-21 10:40 | 読書 | Comments(0)
ちょっと宣伝!『わくわく挿絵帖』
『わくわく挿絵帖』 安里英晴 平凡社 発売中! 

人気挿絵画家の日々雑記+イラスト。
日常の瑣事や映画、本などへの独自の視点に驚く。
絵の発想の原点は。挿絵画家を目指す人も必読。


b0185193_21291299.jpg

 → Amazonで購入する

お近くの書店でもぜひごらんください。

by arihideharu | 2012-05-27 22:00 | 読書 | Comments(0)
「わくわく挿絵帖」がいよいよ本になります。
b0185193_1653832.jpg


 「わくわく挿絵帖」がなんと本になります。

 平凡社より来月(5月)23日にエッセ一集として出すことになりました。

 2009年12月より始めた、このブログをもとに加筆し、モノクロの挿絵を多数入れた画文集ともいえる体裁になっています。

 正直、文章の方は読むことはあっても書くことはなかったので、未熟なのは自覚していました。ですから、この企画を去年の夏に戴いたときはもちろん嬉しかったのですが、不安も相当ありました。それは今も変わっていません。

 しかし、一方で文章を書くことは面白いと感じ始めていました。ということは絵と同様の根気で取り組んでいけば、それなりの世界がひらけるのではないかと考えました。

 何故なら、ぼくが絵を描き続けているのは「絵が下手だ」と思う自分と「上手くなりたい」と思う自分が、いつも側にいるからで……、この構造が文章でも成り立つかもしれないと考えたのです。

 さて、「わくわく挿絵帖」はぼくの頭に長く棲むイメージの断片を絵と言葉でつづった物語です。ぼくにとって、日常と空想は同じ次元に混在しています。これが挿絵画家の日常で、それを本にしました。

 多くのみなさまが読んで下されば幸いです。

b0185193_16535145.jpg

by arihideharu | 2012-05-24 17:01 | 読書 | Comments(0)