ブログトップ | ログイン
わくわく挿絵帖
sashieari.exblog.jp
<   2010年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
再び船の話
 
b0185193_182681.jpg


 挿絵に船を描く機会はそれほど多いわけではありませんが、ただ歴史小説では船が小道具としてではなく歴史の舞台で大きな役回りとして出てくることがあります。遣唐使船や御朱印船、幕末の蒸気船などです。こういうときは、描かないで済ませるわけにはいかないので、大げさに言えば意を決して描くことになります。そう、船を描くのは結構面倒なのです。
 
 先ず古画や浮世絵をあたり、目当ての船を探します。これは画集をめくるだけですから、それほど苦労はありません。問題はその先です。絵に描かれた船というものは、どうしても伝統的に平面的に描かれています。さらには簡略化され、なかば記号化しているのもあります。そのままでは使えません。そこで立体化する作業が始まります。これが面倒なのです。

 この仕事を始めたころは資料がほとんどなかったので、おそろしく時間が掛かりました。最終的に時間切れになり、船の形が理解出来ないまま適当に線を引いたこともありました。
 
 そういった中で、面白い発見もありました。それは幕末を扱った作品の挿絵を描いたときです。幕末と他の時代とは大きな違いがあります。この時代には不鮮明ながら多数の写真が残っていて、船の形を現実にそくして見ることが可能になりました。また錦絵の方もエネルギッシュな幕末の絵師達によって多数描かれています。写真と絵を手軽に見比べることが出来るのは画期的です。

 浦賀に現れた黒船から手始めに見ていくと、幕末の絵師達は複雑な構造のマストや帆を、あるいは未知の外輪船を独特の多色刷りで見事に表現しています。しかし写真と比べると、奇妙な形にみえます。その大きな要因は、写真の船が下ろし立ての鉛筆のように船体がすっと長いのに対し、錦絵の船は使い古しの鉛筆のようです。つまり縦長に描かれています。これは遠近法とは違う伝統的描き方のなごりで、遠くのものは大きく近くのものは小さく描き、なおかつ画面に多くのものを沢山描くためか、横の比率を縮めるというやり方です。大きな建造物や山の形にその効果が現れます。城の天守や富士山や桜島など実際より縦長に描かれます。ところがこの変な描き方が自然に見え、ものの特徴をよくとらえているから不思議です。これは縦長の掛け軸などに長らく風景を描いてきたのと関係があるかもしれません。
 
 また、さらに面白いのは一度作った洋式船の雛形を別の絵師が縮尺を変えたり、左右を反転させたりしながら使っていることです。そういった伝言ゲームをするうち、別の絵師が自分の工夫を加えたり、新しい取材の成果を加えたりしながら新たな雛形を作っていったと思われます。考えてみるとごく当たり前なことかもしれません。
 
 それにしても、錦絵における変なプロポーションをもった洋式船がリアリティーや迫力、美しさを獲得しているのが不思議です。
  
 さて、ぼくはと言えば錦絵と写真の中間をとって描きました。

 
b0185193_18215421.jpg

by arihideharu | 2010-07-28 18:35 | 挿絵 | Comments(0)
映画二本立て
b0185193_4303254.jpg


 昨日と今日、続けて映画を見ました。「必死剣鳥刺し」と「トイストーリー3」です。両方とも面白かったので得した気分です。特に、「トイストーリー3」の方は、かなりの傑作とみました。

 ピクサー作品を全部見たわけではありませんが、最高傑作ではと思ったほどです。これまでのピクサー作品はどこか子供向け作品だという意識からか、想像力と作り込みにブレーキを掛けていたように思います。それはディズニー作品にもいえます。われわれ大人になってもアニメをみる日本人には物足りないと思わせるところがあったのです。それがこの「トイストーリー3」で一歩踏み込んだようです。「プリンセスと魔法のキス」も快作でした。今アメリカアニメの逆襲が始まったのかもしれません。

 一方「必死剣鳥刺し」の方もかなりの傑作です。ただ、長い間日本映画の低予算ぶりにいらだってきた者として、今回もまたかの感が拭えませんでした。御殿内の撮影は昔だったらセット撮影だったはずです。愛妾の住む奥御殿ならなおさらです。木の香ただよう豪華さが必要です。おそらく冒頭の能舞台も文化財を使うのではなく、時代劇映画全盛時代だったら、豪華セットを組んでいたかもしれません。残念です。

b0185193_4254242.jpg

by arihideharu | 2010-07-18 04:46 | 映画・演劇 | Comments(3)
猪牙舟(ちょきぶね)
b0185193_211323.jpg


 時代小説を読んでいると猪牙舟がよく出てきます。猪牙舟とは舳先(へさき)を猪の牙のように尖がらせた細長い川船です。隅田川に浮かぶ小型タクシーといった存在で、また早く走るために作られたためやや安定性に欠く側面もありました。北斎や広重などの錦絵によく描かれ、江戸を代表する風物のひとつです。

 ところがこの猪牙舟、映画やテレビに出てくることはほとんどありません。戦前戦後の時代劇映画全盛時代でもそうでした。理由は時代劇が京都で撮影されるのが普通だったからといわれています。京都には川舟の伝統が残っていたのが仇となったようです。

 ぼく自身も本物は深川の資料館で見たぐらいの記憶しかありません。勿論それは復元された舟です。そのときの見た記憶をたどると、なんとなく違和感があったのを覚えています。それは江戸の絵師が好んで描いた猪牙舟と印象が少し違ったからです。全体が鈍重で舳先も青龍刀を思わせるような流麗さが足りなく思えました。しかし、ぼくは北斎はじめ江戸の絵師はよくデフォルメして描くので、そのせいだろうとそのときは納得しました。

 それからこの商売を始め、様々な浮世絵を見ているうちに、北斎たちのデフォルメはまんざら嘘でもないように思えてきました。理由は江戸の川舟の舳先は一部の種類(渡し舟など)を除いて、ほとんどが猪牙の形をしていることに気が付いたからです。よほど江戸人はこの形が好きだったのでしょう。猪牙舟は江戸の粋人が吉原に行くとき仕立てる舟です。相当格好よかったに違いありません。江戸の粋を集めた川舟が猪牙舟ではないかと推察すると、デフォルメもまんざら嘘でもなく、ケレン味たっぷりの形をした舟ではないかと思うに至ります。なかばぼくの妄想です。
 
b0185193_215976.jpg

by arihideharu | 2010-07-12 04:09 | 映画・演劇 | Comments(2)
大映時代劇
b0185193_08650.jpg


 東映時代劇が今見るとハズレが多いことは前に書きました。それとは逆にハズレが少ないのが大映時代劇でした。大映には市川雷蔵と勝新太郎という芸風の違う二枚看板がいて、それぞれ人気シリーズ「眠狂四郎」と「座頭市」が競い合っていたのと関係あるかもしれません。
 
 映画の印象も東映とは逆でした。暗く地味でした。また、それが魅力でした。女優の扱いも違っていました。看板役者の引き立て役ではなく、生の女がそこにはいました。藤村志保・中村玉緒・若尾文子などがそれです。

 大映時代劇の主人公は常にアウトローでした。それは戦前からのチャンバラ映画の直系を意味します。

 大映にはチャンバラ映画の父、伊藤大輔が長くいました。溝口健二の弟子も多くいました。名キャメラマン宮川一夫もいました。

 あの当時(ぼくが映画小僧だったころ)チャンバラ映画のご本尊は大映にいたことになります。

b0185193_0132178.jpg

by arihideharu | 2010-07-05 00:19 | 映画・演劇 | Comments(0)