ブログトップ | ログイン
わくわく挿絵帖
sashieari.exblog.jp
<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
迷路の入口
b0185193_137741.jpg


 法隆寺南大門に向かう松並木の参道を歩いていると、「あっ、ここだ」と思いました。

 人は眠っているとき沢山の夢を見ますが、目覚めてから語れるほどはっきりした夢を見ることは意外に少なく、大概は起きた瞬間忘れてしまいます。それでも強烈な印象を持つ夢は、覚えていることがあります。そんな夢の中で、なおかつ何度も繰り返してみる夢が、誰でもあるのではないでしょうか。ぼくにはそんな夢の一つに迷子になる夢があります。

「あっ、ここだ」と胸の中で叫んだのは、ふいに既視感に包まれたからです。こことは法隆寺参道脇にある観光バス用の駐車場です。既視感の正体は迷子になる夢の中で、ぼくはこの駐車場から正に迷子になるのです。いわばそこは迷路の入口だったのです。

 さて、迷子になる夢とはこうです。法隆寺宝物殿のガラスケースの中に多数並ぶ一尺にも満たない金剛仏を一つずつ丁寧に見ている自分がいます。どれも人間の姿を奇妙な形にデフォルメし、不思議な美しさをたたえています。そのうち段々と、どれも同じような姿に見えてきます。

「あー、ちょっと長く仏様を見過ぎたかな」

 周りを見、腕時計を見ます。そばにいる多くの修学旅行生は見知らぬ顔ばかりです。制服も少し違います。しかし、集合時間には間に合いそうです。急いで、集合場所の駐車場に向かいます。

 ぼくらを乗せるバスは、さっき降りた場所に変わらずに並んでいます。ぼくはクラスメートの待つバスの中へ飛び込みます。すると、ぼくに注意を向けた高校生たちは知らない顔ばかりです。バスを間違えたことを知り、別のバスに走り中を覗きます。そこも違う学校のバスです。確かにここにあったはずだと思いながら、なにげなくバスのサイドミラーに映った自分姿を見て驚きます。そこにいるのは少年の姿の自分ではなく、明らかに何十年も歳を取った中年の男が黒い詰め襟を着て立っているでわありませんか。
 
 「あっ、そうか。ガラスケースに収まった仏達を見ているうちに、ぼくは歳を取ってしまったのか」

 宝物殿に長くい過ぎたようです。そのとき、対処方法が浮かびます。

「そうだ。バスの先回りをして、次の目的地へ電車で向かおう」そう、時間を飛び越えるのです。

 駅を探します。幸いすぐに見つかります。駅舎に掲げる立体化された駅名は、所々壊れ読めません。

 そのとき、夥しい数の乗客達が出て来ます。電車が到着したようです。ぼくは改札へ向かい切符を買おうとします。ところが路線図も発券機も見あたりません。改札にいる駅員に尋ねます。

 すると、この駅は終着駅でこの駅から出る電車は一本もないとの返事です。ぼくはその答えに何故か納得します。

 ぼくは別の駅を探します。ところが歩けども歩けども見つかりません。迷子になったようです。そのうちぼくは、何処へ行こうとしているのさえ分からなくなります。

 そこで夢から覚めます。

b0185193_1375656.jpg

by arihideharu | 2010-09-24 02:20 | 旅行 | Comments(0)
法隆寺の乳金具
b0185193_1731163.jpg


 先週は休みをとり、京都奈良へ旅行をして来ました。一昨年の京旅行の折りは同行の妻は病後で体力に不安がありましたが、今回はひところの暑さも峠を越したのも手伝い、最後まで疲れを見せず元気に一緒に楽しむことが出来ました。
 
 京・奈良といえば神社仏閣を見るのが楽しみですが、今回からその門を潜るたびに、クスリと笑える楽しみが加わりました。それは前にブログに書いたことのある「乳金具」の観察です。普通、何気なく通ってしまうと只の黒い円ですが、間近でみるとオッパイの形になっているのが分かるというあの代物です。

 今回訪れた西芳寺・法隆寺・薬師寺は古寺ゆえに門金具も古く、その形状と色に様々な趣がありました。その中で特筆すべきは、法隆寺金堂扉の「乳金具」の絶景です。片側の扉に17個のオッパイが並びそれがが対になっています。さながら昆虫標本のようです。色も形も様々で圧巻です。

 その中で、ぼくの気に入った「乳金具」は上図の右上です。最もシンプルで、乙女の乳房のようです。少し異国の少女あるいは少年のおもかげがある飛鳥仏を納める法隆寺とこの「乳金具」は呼応しているようです。

 法隆寺の素晴らしいのは「乳金具」が朽ちて穴があいたものから、腐食して細部が消えたもの、黒光りして新しいものまで、様式の違いも合わせて同時に見られることです。

 穴があいた所からは乳頭の部分が古代釘の頭だということが、構造的に良く見えます。したがって、釘の形の違いによって「乳金具」の印象が随分違うことになります。

 こうして書くと何だか面倒ですが、ぼくと妻はただキャッキャと門を少し不謹慎に通っただけです。

b0185193_17315759.jpg

by arihideharu | 2010-09-20 17:53 | 旅行 | Comments(0)
二人のデッサン家
b0185193_16495313.jpg


 挿絵画家を始めてアイデアに詰まったときや風俗やものの形が分からないとき、一番開いてきた本といえば「北斎漫画」です。岩波から出ている三巻からなるこの本は30年以上前から仕事机のそばにいつも置かれています。

 この本はぼくにとって魔法の書です。本当に困ったとき開きます。そのときは開く前に柏手を二つ打って「北斎先生」と呼びかけます。それから開きます。すると、たちどころに難問を解いてくれます。

 あとひとつ、これは魔法の書というより、虎の巻というべき本です。それは最後の浮世絵師と呼ばれた月岡芳年の画集です。これもまた30年以上いつもそばに置いています。この師匠は幕末の戦絵で有名ですが、神武天皇から始まる歴史画を多く描いていて、浮世絵の範疇を超えています。また線も色も錦絵の完成期の頂点にいる絵師です。ぼくにとっては昆虫少年における図鑑のような存在です。
 
 この二人に共通するのは古今東西屈指のデッサン家だということです。ぼくは二人の線を見ているといつも神聖な気持ちになります。

b0185193_1645757.jpg

by arihideharu | 2010-09-10 16:57 | 挿絵 | Comments(1)