ブログトップ | ログイン
わくわく挿絵帖
sashieari.exblog.jp
<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
京都旅行
b0185193_22161479.jpg


 ぼくは生まれも育ちも東北ですから、江戸の内までは想像力もおよびますが、箱根の先となるととんと分からなくなり、坂東武者は描けても、お公家はおろか公家侍も情けないことに及び腰になります。
 
 10年ほど前、木曽街道の奈良井宿を作家の東郷隆氏と訪れたおり、もと宿屋だったという町家を覗きました。

 ひと通り家の造り見て廻ると東郷さん「寺田屋と一緒だな」と言います。「あの京都の?」とぼくが問うと、「うん」と答え、この辺は文化的に意外と京都に近いんだと言うのです。

 ぼくは頭の中に京都から信州までの地図を思い浮かべようとしましたが、像が結ばないのに慌てました。その時、歴史とは半分地理だなと思いつつ、子供の頃から地理が最後まで頭に入らなかった自分の不勉強さを思い出しました。

 それ以来、白地図を色鉛筆で塗るようにして、箱根から先に往ってみたいなと思うようになりました。となると先ずは京都からだな…。

 これがここしばらく毎年京都に出かける理由で、又あわよくば公家侍はおおろか禁裏の様子も描けるようになりたいものと密かに願ったのも事実です。

b0185193_215641.jpg


 先週、その恒例の京都旅行へ妻と出かけてきました。台風15号の進路を逆走するようなスタートで始まりましたから、やはりと言うべきでしょう、京都に着いた初日は大雨で計画はほぼつぶれました。二日目は台風一過といきたいところでしたが朝から小雨。しかしぼくらは思いきって予定通り、朝一番のバスで比叡山延暦寺に向かいました。
 
 幸い山に入るころ雲は流れ、晴れ間が広がっていきます。左手に木々の間から京都市中が掌を指すように見えてきます。それから、やがてバス内に歓声が上がり、右手に琵琶湖がパノラマとなって広がります。ぼくはその時、胸の内で小さくない達成感を覚えていました。この眼下に広がる琵琶湖の先に関東平野を見ていたのです。つまり、10年前結ばなかった像が結ばれた気がしたのです。

 高いところには登って見るものです。旅の要諦は高いところから…。初めて気が付きました。
by arihideharu | 2011-09-28 16:39 | 旅行 | Comments(0)
この世に身を置く確かさ
b0185193_232849100.jpg


 田舎育ちのおばあちゃん子というのはなかなかイイもんで、子守歌がわりに昔話しや世間話しを聞き、所作や心掛けを真顔で説かれ、年中行事の手伝いに、日々の散歩は墓参り、ご祝儀香典の度に墨を擦り、この世のことは金しだい、何より算盤勘定は大事だが、身の程知らずば己ばかりか家族一同身の破滅と因果をふくまされる。されど彼岸の度にぼた餅と五月の節句のチマキは子供の至福。

 気がつくと膝の上で遊んでいた時から、茶ばかり飲んで嫁の悪口から始まり苦労自慢、人の幸不幸と生き死にと、この世の移り変わりばかりかあの世のことまで聞いていたものだから、十になるころには自分の躰に様々な人の人生を宿しているような錯覚を覚える始末。

 おまけに人様と交わるより、空想したり工作するか絵を描くことが好きだったから、この世にいる時間が少なくなるありさま。やがて中学に入る頃色気づくと、世間との折り合いバランスの取り方に悩まされた。しかし、三つ子の魂なんとやら、基本は同じまま。このやり方で50年、これでよく所帯を持てたものだと思う次第。

 一口に絵描きといっても、これが商売になるのが不思議が道理。自分でもどうして成り立つのか分からない。お百姓が土を耕し米を作る程の確かさや、医者のようなに痛みや病根を断つ確かさもない。ただ、空想に耽っていただけの人生で、罪悪感が鈍痛のように常にある。世のため人のための人生もあったろうにと思う。
 
 加えて、この頃はEメールで仕事の依頼を受け、画像を添付して返せば、人に会わずに仕事が成り立つから、時々自分はこの世に存在しているのかと不安になる始末。

 ただ、幸いぼくには子供が3人いて、彼等の成長を見ていると自分が親として存在しているのに驚き、やっと自分もこの世に存在しているのに気づく。もしこれがなかったらぼくは狂っていたに違いない。

 子供の頃の確かな記憶、春の散らし寿司と夏の白玉、秋の栗ご飯と土瓶蒸、冬はきりたんぽ、つまみ食いとお代わりは孫の役得で、思えばこれがこの世へ未練の事始め。長じて、酒と肴を求める今の己の姿に似て、この時はさすがにこの世に身を置く確かさを噛みしめる。

b0185193_23392799.jpg

by arihideharu | 2011-09-17 23:44 | 思い出 | Comments(0)
江戸の「粋」
b0185193_5561461.jpg


 先日、露天売りが並ぶ深川不動の参道を歩いていたら、藍染の小物を売っているオジさんに声を掛けられました。そのオジさん、ぼくが手にぶら下げていたデジカメが気になったらしく、「そんなもん裸でブラブラさせちゃ駄目だよ。貸してごらん!」と有無も言わさずぼくからカメラをもぎとり、商品の小袋へ入れてみせました。

 それは江戸の町火消しの印半纏を柄にした藍染の巾着袋です。「どうでぇー。粋なもんだろー」と江戸風にセールストークを畳み込み、ぼくの目の前にカメラを収めた小袋を差し出します。  
 
 ところがぼくが買わないと分かると、舌打ちしながら「イイもんなのになー」と言い、カメラを袋から取り出し淋しそうに視線を外しました。

 無粋な客となってその場を離れたぼくは、オジさんが何度も「イキだろ!イキだろ!」と繰り返した声が耳の奥に残っていることに気がつきました。

 おそらく近頃活字でしか見ない「粋」と言う言葉を、生で何度も聞いたせいと思われます。と同時に江戸の「粋」についてずっと引っ掛かっていたことが頭の隅にあるのに気がつきました。

 引っ掛かっていたこととはこういうことです。

 長い間ぼくが手本としたり、鑑賞の対象としてきた江戸の絵師は、北斎・広重・写楽・芳年などです。彼等は国際的評価も高い、いわば普遍性を獲得した芸術家たちです。ということは現代人にとって極めて分かりやすい存在です。

 一方、当時の江戸には圧倒的需要と勢力を誇った豊国一門(歌川派)がいました。その勢力ゆえに江戸の「粋」の核心と思われる一派です。ところがこの連中、分かりにくいのです。引っ掛かっていたこととはこのことです。江戸の「粋」イコール豊国一門イコール謎。これが頭に浮かびました。
  
 江戸の「粋」というのは風俗に属しますから、時代と地域が限定されます。したがって、時代を経ると理解不能な面が出てくるのは仕方がありません。北斎・広重の中にもあります。ただ豊国一門の場合、売れ過ぎて江戸の「粋」を抱え込み過ぎた思います。過剰適応。ガラパゴス化です。

 研究するには面白いテーマだと思います。しかし、単純に美術鑑賞するには不向きです。多少の知識が必要となるからです。

 江戸の「粋」、ちょっと面倒臭いぞということです。どうやら、ずっと頭に引っ掛かっていたこととは、長年の宿題を早く片付けろということになるようです。

b0185193_5573699.jpg

by arihideharu | 2011-09-10 06:10 | 挿絵 | Comments(0)