ブログトップ | ログイン
わくわく挿絵帖
sashieari.exblog.jp
<   2013年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
同心の家
b0185193_072228.jpg


 江戸町奉行所の定廻り同心ともなると、パトロールに連れていく2・3人の小者以外にも屋敷に同数ほどの小者が下働きの合間に捕縛術の稽古をしながら、住み込んでいたといいます。彼らは捕り物時は、六尺棒や刺す股をもち捕り方の要員となり、日頃はケータイのない時代ですから伝令として重宝されたと想像できます。
 さらに、同心の屋敷の勝手の土間には常時酒樽がおかれ、ふるまわれたとありますから、八丁堀の旦那衆の華やかさがうかがえます。おそらく、やり手の廻り方同心の屋敷にはひっきりなしに、相談客や手先が出入りし、半ば役所の出張所のようなありようだったと考えられます。
 そして主の留守の間、それを仕切っていたのは「ご新さん」「ご新造さま」と呼ばれた同心の妻女です。
 となると、八丁堀の旦那衆の家は公私の区別もなく武家の住居というより商家のありようで、家業として市政の一翼担っていたと考えられ、他の旗本御家人衆とはだいぶ違っていたのでしょう。
 ようは八丁堀は特殊技能を備えた村のようなもので、旦那も妻女も八丁堀育ちでなければ務まらない仕組みになっていたと考えられます。
 その結果、江戸期270年の間、南北合わせ与力50騎に同心約120人の家は濃淡はあっても総て姻戚関係にあったといわれ、今となっては想像しにくい社会生活です。
 したがって、八丁堀の役人の家は、妻帯は絶対条件で、また跡継ぎがいないことは最大の憂いであったことが改めて分かります。 
 またこの絶対条件をクリアしても、どこの家も代々能吏を供給するはずもなく、明治になってから、もと町与力からの聞き書きによると、与力50人のうち役にたつ者は半分ほどで、あとは誰でもつとまる役で一生終えたとありますから、同心の家でも同様だったと考えられます。
 太平の世とはいえ、幕府組織のうち江戸町奉行所はもっとも実用でなければならぬ役所ですから、重要なお役には俊英かつ人望のあったものが就いて、あとは適当にやっていたというイメージだと思います。
by arihideharu | 2013-07-30 00:05 | 挿絵 | Comments(0)
瓶ビール 
b0185193_14391648.jpg


 今年に入り生ビールより、瓶ビールの美味しさに気がつき出し、説明はよくできませんが、同じ銘柄の生ビールを食堂で頼むより、瓶ビールのほうが旨いと感じることが度々あって、コップにつぎながら飲むビールがベストかもしれないと、昭和スタイルに回帰しているこのごろです。
 そんな折り、久しくぼくの昼食のメニューから消えていた「とんかつ定食」が復活したのは、ラーメンでも1000円近いのがふつうにある昨今、チェーン展開している「とんかつ屋」はキャベツ・ご飯・味噌汁がお代わり自由だし、客の混み具合も少なからず多からず、ちょうどイイのに気がついたからです。勿論、ソースをかけたキャベツとトンカツの味がビールに合うことが最大の理由です。
  
 猛暑が到来した午後1時すぎ、国分寺駅のショッピングビルへ自転車で食事にむかいました。途中、店内に吊るしてある、麻の生成の甚平と同じく生成の近江ちぢみの浴衣が、夏らしく大いに気に入りましたが、頭の中で着ることはあっても、実際は着ることもないだろうなと思いながら、目指す最上階のとんかつ屋へ入りました。
 テーブルに着くと、すぐに「ロースかつ」と瓶ビールをたのみました。間をおかずビールがきてコップについで、ごくり。
「あっ、ぬるい」
 思わず、瓶に手をやると、冷たさのかけらもありません。確認のためもう一口…。限界を超えるぬるさです。この日の暑さも考えるなら、不本意ながらクレーマーになるしかありません。そこで、年増の店員さんに小さい声で、ことの次第をつげると、早速ぬるいビールを下げ、新しい瓶を持ってきてくれました。
 ぼくは恐縮しながら、目の前におかれたビールに手をやりました。悪い予感です。さっきの瓶より冷えていません。ぼくは店員のおねーさんの前で、コップに少量ついで飲んでみせました。案の定かなりぬるく、それを告げました。するとおねーさん、わびながら「ビールのお代はいただきませんので…。これー、よろしかったらお飲み下さい」と迅速な対応です。ぼくは「はっ、分かりました」と言うしかありません。つまり、無料とはいえ、ぬるいビールを飲むことに同意してしまったのです。ぼくは、ことのてん末が不満ではなかったのですが、ちょっと釈然しないまま、ビールを少し残して食事を終えました。
 これが昭和の食堂の店員なら、冷えたビールを手の感触で選んでもってきたに違いないと思ったりしましたが、「夏は生ビールの方がイイかも」と思いながら、また猛暑の中を自転車で家に帰ったのでした。
by arihideharu | 2013-07-20 14:39 | 暮らし | Comments(0)