ブログトップ | ログイン
わくわく挿絵帖
sashieari.exblog.jp
<   2017年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
秋山小兵衛
b0185193_21312415.jpg

 ときどき無性に読みたくなる本に、池波正太郎の時代小説があります。
 20年以上前、今の家に引っ越したとき本をだいぶ整理しました。その中には読み終えた池波本もかなり混じっていました。
 間もなく『剣客商売』や『鬼平』の新刊が出たので読み始めました。すると止まらなくなり、結局旧作を買い直すことになってしまいました。不覚でした。
 それほど、池波作品には魅力があります。

 そして今はオーディオブックをダウンロードし、仕事をしながら耳で楽しんでいます。
 ぼくのお気に入りは『剣客商売』です。聞いていると、「近頃の時代小説とちょっと違うな」と思うことがあります。

 例えば、老剣客秋山小兵衛は剣を交えるとなると熾烈で、敵の手足を斬り落とすか殺すかで、雑魚相手ならともかく峰打ちなどという、まどろっこしいことはしません。

 近年、時代小説はいつの間にか人にやさしい剣客像になっていて、簡単に人を斬らなくなっているという印象があり、多分そのせいでしょう、小平衛老人の剣が鉄槌のような激しさを覚えます。 

 また、息子大治郎が剣をとったときも「斬ってもかまわぬ」と声をかけ、暗に「殺せ」と命じます。 
 一方、渡世の木刀試合となると「負けてやれ」と前途有望な息子の青年剣士に八百長をすすめたりします。
 さらに、懐が寒くなると裕福な旗本家のスキャンダルに首をつっこみ、礼金をたっぷりもらい嬉々とします。そして金離れもよく、仲間への分配も怠りません。
 このあたりが思いっきりハードボイルドです。
 
 優しさと厳しさの振れ幅の数値の大きさが、ハードボイルド指数と仮定します。
 振れ幅が少ない方がストレスが少ない生活といえ、その分ハードボイルド指数が低くなります。
 秋山小平衛のハードボイルド指数はかなり高めです。
 この数値が高いと、老齢であっても性欲が異常に高まる傾向があるようです。

 秋山小兵衛の肖像画を描くとしたら、市井と交わりながら酒色を楽しみ、剣の道を極めようとする、大げさに言えば親鸞上人のような姿ということなのでしょうか。

 秋山小兵衛は「極悪非道の者が日常的に喜んで善行を行い、善人とみえる者が危うい嘘の上に生活を営む。人は善と悪をたえず行き来して生きているものだ」と言います。

 小平衛が人を斬るは、いわゆる引導を渡す行為で、刹那閻魔さまを憑依させます。
 この行為は本来人の領分を越えています。ですから、行使し過ぎると人格障害をおこす可能性があります。
 歴史上の暴君の例を出すまでもなく、ハードボイルド小説の主人公がアル中であったり、シャーロック・ホームズが薬中であったりというのは、安全装置が機能している状態と考えられます。

 秋山小平衛の日常がうららかに見えるのは、若過ぎる女房をもらったり、自由に使える桁外れの大金を手に入れたりと、めぐまれた安全装置が用意されているからです。
 勿論それらは小説だから出来ることで、このあざとさが池波作品の魅力です。

by arihideharu | 2017-03-29 21:33 | 読書 | Comments(0)
肩飾り
b0185193_21460959.jpg

 いつぞや歌舞伎座で『義経千本桜 鳥居前』を見ていたら、花道から鬼退治の桃太郎のような格好の陣羽織姿の若侍(義経)が出てきました。
 ぼくはそのとき軽いめまいを覚えながら膝を叩き、なるほどと一人納得しました。
 というのは、その陣羽織に肩章のような派手な肩飾りがついていたからです。
 
 陣羽織の肩章は、明治維新時の西洋の影響をうけたスタイル(階級章)だということは、一般に知られています。
 実際、様々な武将図を見ても先の若侍のような陣羽織は見あたりません。
 
 ところが、頻度は多くはありませんが戦前のスチール写真を見ても、戦後の全盛期の映画を見ても、はたまた最近の戦国期を描く映画を見ても、肩章つき陣羽織を見つけることはさほど難しくありません。
 
 実は近年、この陣羽織のミスマッチが増殖しているのではないかと密かにぼくは思っています。
 理由は、テレビバラエティー等での戦国武将の再現ビデオや全国に出没するコスプレーヤーたちの画像にこの組み合わせをよく見かけるからです。

 冒頭の観劇でひとりごちたのは、花道から義経が登場したとき、ぼくは中村錦之介・主演『独眼竜政宗』(1959年)での若武者姿がフラッシュバックしたことにあります。
 派手な肩飾りがついた陣羽織をまとい、颯爽とした若武者ぶりがそっくりだと思ったのです。
 と同時に陣羽織の誤用のもとは、ここにあったのかと直感したのでした。

 考えるに、義経と政宗は東国ゆかりの雄という共通項があり、また歌舞伎をトレースして始まった時代劇ですから、伊達政宗を描くとき義経の衣装から想を得た可能性は大いにあり得ます。

 おそらく、このスタイルは幕末の動乱期に、官軍の将がまとった陣羽織を見た江戸の芝居者が、目ざとく取り入れたと想像できます。

 これらの世界観は時代考証(科学)的それとは違う芸能世界独特の外連(けれん)の神を信じる輩の世界観で、時代劇全盛期、東映に色濃くあらわれていました。

 古来芸能者は体制の外に棲み、歴史を縦横無尽に飛び廻り、六道を輪廻転生しながら無数のパラレルワールドの物語をつむぎ出してきた者たちです。

 花道から若侍が出てきたとき、ぼくが軽いめまいを覚えたのは、時空のゆがみをに引き込まれたせいだったのでしょう。

 しかしながら、この衣装の発信元は時代を超えて同一で、出雲の阿国の頃より古く、京都あたりで動乱と圧政の度に栄えた古物商や古着屋の末裔ではないかと思いを巡らしています。

by arihideharu | 2017-03-11 21:49 | 映画・演劇 | Comments(0)