ブログトップ | ログイン
わくわく挿絵帖
sashieari.exblog.jp
映画『シン・ゴジラ』
b0185193_16281398.jpg
 最初のゴジラが作られたのが1954年、ぼくの生まれた年です。
 ぼくらの世代にとって映画に行くとは、ゴジラを見に行くことでした。モスラやキングギドラは小学生の夏休みの夢をすべて飲み込みました。
 日本を俯瞰し日本列島を認識するのはゴジラの行動範囲から始まります。つまり太平洋を北上し東京湾に現れる過程で、島国日本の概要を覚えるのです。
 
 ぼくは特にゴジラファンという訳ではありません。おそらく少年期を脱するに従い、ゴジラのフィクション性が幼稚に見えてきたせいだと思います。
 それを加速したのは、アメリカ映画の豪華さが日本映画を圧倒していたことでした。

 このあとゴジラ映画のスタッフはテレビ制作にはいり、周知のようにウルトラマンをつくります。ぼくらの下の世代はこのウルトラマンにはまります。
 つまり騙されやすい年齢に、テレビという中毒性のたかい機械を見近に置くことになったからです。
 
 そんなぼくでもゴジラは全作見ています。さて『シン・ゴジラ』です。
 まず、驚いたというか感心したことがあります。ゴジラがいよいよ東京に上陸し本格的戦闘が始まるというときに、首相以下主要閣僚がゴジラによって、あっけなく死んでしまいます。
 
 これは国家として重大事件だと思うのですが、国体は何の動揺も見せず、淡々と代わりの首相を決め防衛戦を続けます。
 読みようによっては、国家組織がしっかりしているといえそうですが、あきらかに作者の意図は我が政府の指導層は誰がなっても同じという皮肉です。
 これがアメリカ映画なら、大統領を簡単に死なせるようなことはしないと思いますし、あったとしてももっとドラマチックにあるいはセンチメンタルに描きそうです。ましてや独裁国家では、この設定はありえません。
 
 それは日本の中枢が空なることを意味し、我々観客は日本の組織が持つ、かなり古くからある特性だということを知っていますから、なんの抵抗もなく見過ごします。
 結局ゴジラをやっつけるのは指導層の力ではなく、現場の馬鹿力と偶然の積み重ね、我々がよく出会う結果オーライの結末です。
 とりあえず災害は終わってしまえば、過酷過ぎる体験など誰もが忘れてしまいたい訳なので、次に備えての準備もそこそこになるのが大体の常です。

 ゴジラは核問題という現代文明の負の遺産が作り出した化け物です。しかし正体は、忘れた頃におこる大規模自然災害や、いつも海からやってくる戦争の比喩であることは、ぼくらは知っています。
 天災は被害を最小限にくい止める努力をするにしても、基本的に通り過ぎるのを待つしかありません。しかし戦争は始まってしまったら、勝つにしても負けるにしても、とりあえず戦うしかありません。
 ゴジラはこの二つの性質を持ちますから、基本戦略は半ば戦い半ば通り過ぎるのを待つということになります。

 古来より我々は、この方法で大概の災いに過不足なく対処してきたせいか、いやに自信を持っています。
 古くは海を越え大陸から大挙して押し寄せた渡来人たちは農耕と戦争を持ち込み、日本を飲み込もうとしました。しかし、深い森に覆われた山々に阻まれ、いつの間にか縄文人と同化し一緒に森を守り、お天道さまを拝みながら田畑を耕すようになります。
 蒙古が襲来したときも、結局は海とお天道さまが防ぎました。
 それ故、我々は今でも天の神・地の神に柏手を打ちます。

 しかし、この神々は我々がおごり隙を見せたとき、大あばれし天罰をくわえます。
 先の負け戦も、最強の破壊力を持った『シン・ゴジラ』もトップクラスの天罰といえます。
 映画のクライマックスで凍結作戦が功をそうし、ゴジラは弁慶のごとく立ち往生し破壊をやめます。
 そのすぐ先には縄文の森にかえった皇居があります。
 またしても森に棲む守り神が我々を救ったのかと、ぼくは思いました。

# by arihideharu | 2016-09-26 16:32 | 映画・演劇 | Comments(0)
八丁堀の朝(日髪日剃)
b0185193_11073309.jpg
 「髪結い伊三次」を読みながら、考えていたことです。

 八丁堀の役人は日髪日剃といい、毎日出仕前に湯屋へ行き、出入りの髪結いに月代とヒゲをあたらせ髷を結い、颯爽と奉行所へ出かけたと解説本に書いてあります。
 そこに疑問が浮かびます。
 
 幕末には町奉行所南北合わせ、与力50騎と同心240人前後、見習いを入れたら約300人ほどが勤務していたと思われます。としたら、一斉に湯屋に行き、職人に髷を結わせたとしたら、どうでしょう、あまり現実的数字ではないような気がします。
 
 少し具体的に考えるなら、同心は8時から与力は10時からの勤務ですから、2・3時間ほどの間に、髪結い1人で5・6人仕上げるとしても、5・60人の髪結いが必要です。
 かつ、近所にどれほどの湯屋があったか分かりませんが、湯屋は一丁に一戸が原則のようですから、せいぜい三軒。とすると、2時間ほどの間に100人が一軒の湯屋に押し寄せることになります。
 もし本当なら朝の一時は湯屋は込み合い、八丁堀の往来は髪結いだらけになることが想像出来ます。
 
 ただ調べてみると、風呂屋の営業時間はたいてい朝8時からのようなので、同心の朝風呂は難しいのが現実となってきて、朝風呂に関しては与力だけと考えた方がいいようです。


# by arihideharu | 2016-09-02 11:10 | Comments(0)
二人展(巡回展)が終わりました。
b0185193_20155076.jpg
b0185193_20181050.jpg
b0185193_20191096.jpg
b0185193_20204290.jpg
b0185193_20215378.jpg
b0185193_20311453.jpg
『ANAGRA』で行われた、安里英晴・城井文平/二人展(巡回展)が8月19日に終了いたしました。
お盆期間でしかも暑いさなかに関わらず、様々な方がお見えになり感謝をしているところです。
今度も色々なことを勉強させていただきました。
ありがとうございます。
あらたな制作意欲が湧いてきた二人です。
b0185193_20462888.jpg
b0185193_20531629.jpg
b0185193_20472783.jpg

# by arihideharu | 2016-08-24 15:39 | 挿絵 | Comments(0)
巡回展のお知らせ
4月に開催した展示会の巡回展が半蔵門で行われます。
下記『ANAGRA』は70年代を思わせる、若き美大系ミュージシャンが運営するギャラリーです。
前回見逃した方など、お越し下されば幸いです。

新作も追加するつもりです。またトークショーも計画しているようです。


# by arihideharu | 2016-07-27 22:37 | 挿絵 | Comments(0)
胡座膳(ちゃぶ台のようなお膳)
b0185193_10215046.jpg


 (前回続き)数年前のことです。神楽坂を妻と散策をしていたときのこと、江戸指物を扱う小店を見つけ覗いたことがあります。
 狭いながら整然とした店内でした。
 その中に、ぼくは円形ちゃぶ台の注文制作の案内を見つけました。それによると、最小3・40センチほどから制作可能だということが分かります。
 ぼくは驚きました。そんなミニサイズは、もはやちゃぶ台と呼べないと思ったからです。

 と同時に何枚かの浮世絵が頭に浮かびました。
 それは料理屋とか茶屋の広い部屋での饗宴の図で…。お膳にしては大きく、ちゃぶ台にしたら小さい、 漆塗りの食事道具がでんと置かれた風俗絵図です。
 形は円形や方形、多角形など様々ですが、蒔絵が施され、瀟洒な風情があります。
 しかし、大きさと拵えを別にすれば、昭和のちゃぶ台そのものです。
 ちゃぶ台は近代以降に登場したとされています。
 ぼくにとって、これらちゃぶ台のようなお膳は久しく謎でした。

 ぼくはそのことを妻に告げました。
 すると、それを耳にしたようで、店番の女性がにわかに近づき、店の一画に袖を引きながら、世に胡座膳なるものがあることをぼくらに告げます。
 狭い店内です。数歩の歩みで胡座膳なる物を目にし、手に取ることになりました。驚くべき展開です。
 それは幅4・50センチ高さ20センチ弱、円形の脚付膳で、しかも折り畳み式で、天板と脚が分離できます。形も大きさも頭に浮かんだばかりの絵の中の、ちゃぶ台もどきにそっくりです。

 江戸後期、長崎から和漢蘭の折衷で卓袱料理なる、朱塗りの円卓に料理をもった大皿を並べ、各自が取り分けるという食し方が江戸にも伝播されたことは広く知られています。
 南蛮わたりの絨毯の上に、円卓を置き酒肴を整えれば、異国情緒をさぞや満足させたに違いありません。
 それらは江戸で流行ったらしく、円卓を囲む風流人の図を時々見かけます。しかし、庶民レベルの風俗図に見ることはほとんどありません。

 つまり、ちゃぶ台の原型はすでに江戸期にあったが、爆発的に定着したのは明治大正以降という、座蒲団や掛け蒲団、女持ちの信玄袋などと経緯が似ています。
 しかしながら、江戸市民文化は爛熟し、円卓などの影響を受け、お膳はより多様化し、ついにはちゃぶ台のようなお膳が現れたということなのでしょう。

 映画『幕末太陽傳』で、フランキー堺が独楽鼠のように動き回る最大の見せ場で、小僧から料理を盛った巨大なお膳をさっと奪い取り、くるりと持ち去る有名なシーンを古い映画ファンの方は思い浮かべて下さい。
 あれがちゃぶ台とお膳の境目がなくなった、幕末に現れた酒席のお膳の形と思われます。

 胡座膳なる名や形式が江戸期にあったかは知りません。しかし、正式なお膳より脚が短く、行儀悪く座り酒杯を傾ける、いかにも気分が伝わるうまい名称だと思います。
# by arihideharu | 2016-06-14 11:17 | 暮らし | Comments(0)