ブログトップ | ログイン
わくわく挿絵帖
sashieari.exblog.jp
二人展(巡回展)が終わりました。
b0185193_20155076.jpg
b0185193_20181050.jpg
b0185193_20191096.jpg
b0185193_20204290.jpg
b0185193_20215378.jpg
b0185193_20311453.jpg
『ANAGRA』で行われた、安里英晴・城井文平/二人展(巡回展)が8月19日に終了いたしました。
お盆期間でしかも暑いさなかに関わらず、様々な方がお見えになり感謝をしているところです。
今度も色々なことを勉強させていただきました。
ありがとうございます。
あらたな制作意欲が湧いてきた二人です。
b0185193_20462888.jpg
b0185193_20531629.jpg
b0185193_20472783.jpg

# by arihideharu | 2016-08-24 15:39 | 挿絵 | Comments(0)
巡回展のお知らせ
4月に開催した展示会の巡回展が半蔵門で行われます。
下記『ANAGRA』は70年代を思わせる、若き美大系ミュージシャンが運営するギャラリーです。
前回見逃した方など、お越し下されば幸いです。

新作も追加するつもりです。またトークショーも計画しているようです。


# by arihideharu | 2016-07-27 22:37 | 挿絵 | Comments(0)
胡座膳(ちゃぶ台のようなお膳)
b0185193_10215046.jpg


 (前回続き)数年前のことです。神楽坂を妻と散策をしていたときのこと、江戸指物を扱う小店を見つけ覗いたことがあります。
 狭いながら整然とした店内でした。
 その中に、ぼくは円形ちゃぶ台の注文制作の案内を見つけました。それによると、最小3・40センチほどから制作可能だということが分かります。
 ぼくは驚きました。そんなミニサイズは、もはやちゃぶ台と呼べないと思ったからです。

 と同時に何枚かの浮世絵が頭に浮かびました。
 それは料理屋とか茶屋の広い部屋での饗宴の図で…。お膳にしては大きく、ちゃぶ台にしたら小さい、 漆塗りの食事道具がでんと置かれた風俗絵図です。
 形は円形や方形、多角形など様々ですが、蒔絵が施され、瀟洒な風情があります。
 しかし、大きさと拵えを別にすれば、昭和のちゃぶ台そのものです。
 ちゃぶ台は近代以降に登場したとされています。
 ぼくにとって、これらちゃぶ台のようなお膳は久しく謎でした。

 ぼくはそのことを妻に告げました。
 すると、それを耳にしたようで、店番の女性がにわかに近づき、店の一画に袖を引きながら、世に胡座膳なるものがあることをぼくらに告げます。
 狭い店内です。数歩の歩みで胡座膳なる物を目にし、手に取ることになりました。驚くべき展開です。
 それは幅4・50センチ高さ20センチ弱、円形の脚付膳で、しかも折り畳み式で、天板と脚が分離できます。形も大きさも頭に浮かんだばかりの絵の中の、ちゃぶ台もどきにそっくりです。

 江戸後期、長崎から和漢蘭の折衷で卓袱料理なる、朱塗りの円卓に料理をもった大皿を並べ、各自が取り分けるという食し方が江戸にも伝播されたことは広く知られています。
 南蛮わたりの絨毯の上に、円卓を置き酒肴を整えれば、異国情緒をさぞや満足させたに違いありません。
 それらは江戸で流行ったらしく、円卓を囲む風流人の図を時々見かけます。しかし、庶民レベルの風俗図に見ることはほとんどありません。

 つまり、ちゃぶ台の原型はすでに江戸期にあったが、爆発的に定着したのは明治大正以降という、座蒲団や掛け蒲団、女持ちの信玄袋などと経緯が似ています。
 しかしながら、江戸市民文化は爛熟し、円卓などの影響を受け、お膳はより多様化し、ついにはちゃぶ台のようなお膳が現れたということなのでしょう。

 映画『幕末太陽傳』で、フランキー堺が独楽鼠のように動き回る最大の見せ場で、小僧から料理を盛った巨大なお膳をさっと奪い取り、くるりと持ち去る有名なシーンを古い映画ファンの方は思い浮かべて下さい。
 あれがちゃぶ台とお膳の境目がなくなった、幕末に現れた酒席のお膳の形と思われます。

 胡座膳なる名や形式が江戸期にあったかは知りません。しかし、正式なお膳より脚が短く、行儀悪く座り酒杯を傾ける、いかにも気分が伝わるうまい名称だと思います。
# by arihideharu | 2016-06-14 11:17 | 暮らし | Comments(0)
円いちゃぶ台
b0185193_1115836.jpg


 ぼくは密かに、昭和の一家団欒をあらわす円いちゃぶ台は、映像世界が作りだしたフィクションではないかと疑っています。
 確かに小津映画は勿論、記録映像にも散見出来るので、戦前戦後使われていたのは間違いありません。

 理由はいくつかあります。
 高校生の頃、美術部の部室に直径70センチ前後の骨董に属する円いテーブルがありました。
 白い布をしき、花を生けた花瓶やリンゴを置くと、セザンヌのモチーフのようになり、部員のお気に入りでしたが、いざお茶や弁当に使おうとすると、見た目より狭く、えらく使い勝手が悪かった思い出があります。

 また40数年前上京したとき、勉強机代わりのちゃぶ台を買おうと近所の商店街をあたったときの記憶では、方形のちゃぶ台は合板のものなら、中古なら数百円からあり、選び放題でした。それに比べ、円形は値段の桁がまるでちがっていました。

 そして一番の理由は、子供のとき、あまり見ることがなかったからです。
 ぼくの出身の秋田ではちゃぶ台とは言わず、飯台と呼ばれ、大家族中心社会だったので、大きなものがどこの家でも置かれていました。
 しかしそれは方形で、円いちゃぶ台はやたらに見かけるものではありませんでした。

 つまり、ちゃぶ台はコストパフォーマンスにすぐれた方形が主流で、円形が映像世界で多用されるのは、ちょっと洒落た感じに映るせいではないかと推察しています。
# by arihideharu | 2016-05-27 11:02 | 暮らし | Comments(0)
忍者が背負う刀
b0185193_5171536.jpg



(前回座蒲団続き)時代考証的いい加減さなら、ぼくもちょくちょくやっています。
 例えば忍者の背負う刀の位置です。

 時代考証家の名和弓雄さんは、刀を背負う場合、柄が左肩にくるのが正しいと書いています。
 子供のころ毎日忍者ごっこをした身のぼくにしてみれば、この一文を目にしたとき、相当ショックを受けました。早速試してみたのは勿論です。まだ若かったころです。
 
 まず左肩に背負い抜いてみました。楽にあっさり抜けます。これには相当驚きました。ただ、腕が顔をジャマする欠点があります。
 次に右肩に背負い抜いてみます。これには少しこつがあります。それは左手で鞘を持ち、抜くと同時に下へ引いてやるのです。
 この方法は佐々木小次郎のような物干し竿は難しいとしても、そこそこの長さの刀ならさっと抜けます。
 この一文を書くにあたり、久しぶりにやってみました。ところが、不覚にも躰が堅くなり、腕が背中に回りません。したがって、実証できませんでした。
 
 ただ、ぼくのチャンバラごっこの経験から、刀を背おった場合、抜くことが出来ても、丹下左膳同様、納めることがなかなか出来ません。しかも動き回るに、しごくジャマです。
 床下や天井裏に潜り込むには、躰との一体感がありません。
 チャンバラ小僧の立場からいえば、白土三平のカムイ式に小太刀を帯の後ろに指すのが一番合理的だったと思います。
  
 実は、このことは名和さんも指摘しています。
 つまり忍者は刀を背中ではなく腰に指し、時に応じ差し位置を変えていたというのです。
 したがってぼくの結論では、忍者が刀を背負う姿はフィクションで、右肩でも左肩でもどちらでもイイと思っています。
# by arihideharu | 2016-04-28 05:17 | 挿絵 | Comments(0)