ブログトップ | ログイン
わくわく挿絵帖
sashieari.exblog.jp
座蒲団
b0185193_5172982.jpg


 座蒲団が普及するのは明治以降とされています。
 これについて時代考証家の林美一さんが面白いことを書いています。
 テレビ時代劇の撮影現場に林さんは珍しく呼ばれます。そこで時代考証家として、座蒲団の不都合を指摘し、撤去させます。
 ところが日をおいて、再び現場を見渡すと、座蒲団がまた敷かれています。そんなことが何度か繰り返します。
 観察した結果、撮影所のスタッフには座蒲団は敷くものだという意識が習わしのようにしみついていて、簡単に直せるものでないことを悟ります。

 また、どこで読んだのかは忘れましたが、時代劇が沢山作られていた時代、御大とかスターと呼ばれる役者が座ろうとすると、休憩時でも撮影時でもどこからともなく取り巻きが、座蒲団をさっと尻の下に差し出したというものです。
 ぼくなどは、市川右太衛門あたりの顔を浮かべ、思わず吹き出してしまう話です。

 いずれにしろ、芸能の現場では時代考証など、うっとしいものだったのに違いありません。
# by arihideharu | 2016-04-23 05:18 | 挿絵 | Comments(0)
作品展を終えて
b0185193_761650.jpg


19日で終了した作品展は、おかげさまで多くの様々な方がお越し下さいました。
ここに感謝を申し上げます。
世の中には絵を観たり小説を読むことを喜びにし、また支えに生きている方が、大勢いらっしゃることを学びました。
これからはおいでになった方々のお気持ちを大事にしながら、画業に励みたいと心を新たにいたしました。
ありがとうございました。

b0185193_723175.jpg

b0185193_7113621.jpg

# by arihideharu | 2016-04-21 06:56 | | Comments(0)
二人展から
 
b0185193_8113795.jpg

 二人展がスタートいたしました。
 初日様々な方々がいらっしゃいました。
 ありがとうございます。
 心より御礼申し上げます。

 その中でも『うめ婆行状記』の反響が大きく、うめ婆に会えると思い会場にお越しになる遠方からのお客様もいらっしゃいました。
 その方は老齢の一人暮らしの女性で、新刊本に連載時の切り抜いた挿絵を貼り、撫でるように読んでいる様子がうかがえました。
 
 改めて宇江佐さんのご冥福を祈り、感謝をささげたいと思います。
# by arihideharu | 2016-04-11 08:10 | | Comments(1)
安里英晴・城井文平 二人展のお知らせ
b0185193_11341813.jpg

b0185193_1124201.jpg

2016年4月9日(土)〜19日(火)11時〜19時 日曜休廊
オープニングパーティー 4月9日(土) 18時半〜
ターナーギャラリー

●口上 
 チャンバラと絵が好きで、挿絵画家になりました。
 一日一回の散歩以外は、仕事か寝るかお酒を飲んでいます。
 お酒は強くなく、すぐウトウトします。その眠りの中で絵を描いていることも多く、ときには醒めたときアイデアが浮びます。
 そんな生活をしているうちに、三人の子供に恵まれました。そのうち一人は、デザイナーになりました。その彼から「二人展」をしないかと連絡がありました。
 ぼくは怠け者で、個展すらやったことがありません。ところが、そのとき不思議に「いいよ」と即答しました。さてどうなることやら…。
# by arihideharu | 2016-03-19 11:11 | | Comments(0)
『うめ婆行状記』が最終回を迎えました。
 
b0185193_2161737.jpg

 朝日新聞の連載小説、宇江佐真理(著)『うめ婆行状記』が3月15日をもって終了いたしました。
 ご愛読の皆さま、ありがとうございます。

 結果的にぼくは、宇江佐さんの処女作と遺作の装画を手がけました。
 今、航海を終えた安堵とさみしさがつのります。
 改めてご冥福と感謝を捧げたいと思います。
b0185193_217256.jpg

『うめ婆行状記』が早々に本になりました。
上の絵が本のカバーを飾ります。
宇江佐さんの気迫が伝わる一冊となりました。
# by arihideharu | 2016-03-16 02:44 | Comments(0)