ブログトップ | ログイン
わくわく挿絵帖
sashieari.exblog.jp
『シカゴ・メッド』で思い出した時代劇
b0185193_22275977.jpg

 『シカゴ・メッド』という去年放映が終わった医療ドラマが好きで、ぼくは録画を繰り返して観ています。
 医療ドラマの面白さは、病院という器に押し込められた人々を映し出すだけで、ごく短時間に多くの人生を覗ける特性にあります。
 そこには様々な喜怒哀楽があります。

 人の一生は生・老・病・死の四語で説明されます。
 この四つのうち、静かに老いていく日常以外、誕生や闘病や死は現代では病院で迎えます。したがって病院を描くことで、人の生態をほぼカバー出来るというわけです。

 この優秀性を最初に発見証明したのは、おそらく黒澤明による映画『赤ひげ』(1965年)ではないかと思います。
 医療ドラマという形式は時代や場所を変えても堅牢で、しかもバリエーションが派生しやすく、優れたセットさえ作ってしまえば連続ドラマにはうってつけです。さらに、上手くいけばその時代や社会をきれいに切り取り、主義主張や哲学をさりげなく語ることが可能です。
 『シカゴ・メッド』はこの意味ですぐれた模範で、難解な現代医学やアメリカ社会を覗く楽しみに溢れています。

 『赤ひげ』の影響は映像分野だけでありません。実はぼくは時代小説への影響がもっと大きいと思っています。
 分かりやすい例では、藤沢周平の『獄医立花登手控え』です。この作品は『赤ひげ』のフォーマットを使い、藤沢周平独自の世界を作り上げています。

 『赤ひげ』の原作者の山本周五郎が仕上がった映画を観て、ぼくの小説より面白いと言ったのは有名ですが、ほぼ同時代を生きたこの2人の作家は自分たちが見聞きした明治大正昭和を描くだけで江戸期を再現することが出来た世代です。
 藤沢周平もまた、自分が経験した戦前戦後の貧しかった混乱期や東北地方の前近代的風景から想を得ることが可能でした。
 ところが現代に生きる作家たちは、僕も含めてなかなかそうはいきません。脳裏に浮かぶ体験にもとづく具体的映像が乏しいからです。
 そこで、市井ものを描くときはもっともインパクトのあった『赤ひげ』の映像なり世界観や小ネタが脳裏に浮かび、無意識に模倣することになったと推察します。

 「あっ、これは赤びげだ」と思わず叫んでしまう小ネタやキャラクターをあげると・・・。
 作務衣を着たハードボイルドな町医者、長崎帰りの正義感あふれる若い医師、患者をおさえつけて外科手術するシーン、性的トラウマを抱えた美貌の狂女、不摂生な殿様、稼ぎのない父親のかわりに盗みで家計を助ける少年、天災によって流転する運命などです。

 ここで連想することがあります。
 大きな施設のセットを組み、そこで集団劇を展開するという構造なら、日本映画には『赤ひげ』に匹敵する、あるいはそれ以上かもしれない傑作があります。
 それは川島雄三・監督の『幕末太陽傳』(1957年)です。堂々たる遊郭のセットと名優たちが演技を競い合った名品です。

 『赤ひげ』にも遊郭のシーンがあります。しかしながら殺伐とし、遊女たちは搾取されるだけの存在として描かれます。
 ところが川島雄三は、たくましく生きる女の象徴として半ば畏敬をもって描き、かつ美しく撮ることを忘れていません。
 さらに面白いことに、女郎の身に落とされそうになる美少女が双方の映画に重要な役どころとして登場しますが、片方はそれを苦にするあまり気がふれますが、もう片方は女郎屋の若旦那をたぶらかし若女将に収まることを画策します。
 以上のように器に押し込め集団劇を繰り広げると、かくも作家の思想や嗜好が透けて見えるという証左がここにあります。
 
 この二人の映像作家はどちらもルーツが東北です。
 しかしながら黒澤明は父親が秋田出身というだけで、本人は東京育ちです。
 黒澤がここで見せる映像は、基調がプロレタリア絵画で見せ場では表現主義的でコントラストとデフォルメを強めます。そして全体の印象はモダンです。

 一方の川島雄三は津軽出身ですが、洒脱に江戸文化を再現して見せます。
 しかし、時折サブリミナルとしてまるで恐山のような死霊が漂う映像が流れます。
 例えば刑場に向かう非人の群と罪人、三途の川のように見える朝霧に霞む品川沖、棺桶から現れる幽霊、冥界の蓋が開いたままの墓場などです。
 しかも主人公が死に神に取り憑かれていますが、暗さはなく、洒落と笑い女のたくましさで乗り越えようというのが川島雄三の世界です。
 一方黒澤は、女性をさほど信用していないようで、あくまで男が真ん中にいることを求めます。

 このように緻密なセットをつくり、すぐれたシナリオと役者を集めドラマを作ったとき、作風が際立ちます。

# by arihideharu | 2019-05-13 22:28 | 映画・演劇 | Comments(0)
クリント・イーストウッドの『運び屋』
b0185193_15104086.jpg
 クリント・イーストウッド主演・監督の新作『運び屋』を見てきました。

「ついにここまできたのか・・・」
 エンドロールを見ながらの感想です。

 これはもう映画を越えていて、実体なのか役柄なのか分からないクリント・イーストウッドの塑像を鑑賞する時間でした。
 例えばそれはアルベルト・ジャコメッティの枯れ枝のような人体立像を、ぼーっと眺めてすごす時間と似ています。

 ジャコメッティの功績は人体から余分なものをそぎ、魂の質量を立体として視覚化したことです。
          
 クリント・イーストウッドの肉体は加齢によって枯れ、魂がほぼむき出し状態になっています。

 ぼくらはそこに何を見るかと言えば、老いさらばえた肉体ではなく、むしろ削ぎ落とされた筋肉や蒸発した水分の中に含まれた時間あるいは記憶を見ることになります。

 『ローハイド』からマカロニ・ウエスタン。『ダーティーハリー』シリーズから『グラントリノ』『人生の特等席』『運び屋』まで老残を撮りながら「ついにここまできたのか・・・」です。
 おそらくこの領域に達した映画作家はクリント・イーストウッドが初めてではないでしょうか。

# by arihideharu | 2019-04-05 15:11 | 映画・演劇 | Comments(0)
深夜のハードボイルド映画
b0185193_22400123.jpg

 例によって深夜ちょこちょこと映画を観ています。
 SFとハードボイルドの再生回数が多いのは相変わらずです。
 近ごろ観た中では、旧作ですがデンゼル・ワシントン主演の『イレイザー』とリーアム・ニーソン主演『トレイン・ミッション』が楽しめました。
 
 デンゼル・ワシントンには『青いドレスの女』というハードボイルド映画の理想的傑作があります。
 この作品はシリーズ化された原作もあり、きっと続編ができると待っていましたが、残念ながら実現されませんでした。
 『ペリカン文書』と『青いドレスの女』以外に印象に残った作品の記憶がぼくにはなかったので、やっと快作に巡り会った感じです。

 ハードボイルドの要諦は普段凡庸でありながら、ここというときに並外れた力を見せ事件を解決することにあります。 
 『青いドレスの女』の主人公はただの黒人の工場労働者ですし、『イレイザー』のそれはホームセンターの初老の店員です。また、『トレイン・ミッション』のリーアム・ニーソンはリストラされたばかりの元サラリーマンです。
 この三作はまさにハードボイルドの要諦をしっかり押さえているといえます。

 すっかりハードボイルドづいたぼくは、引き続き「キー・ラーゴ」を棚の奥からひっぱり出しました。
 さすがに名画といわれる作品です、一気に見せる力があります。
 この映画、ただたんにハンフリー・ボガートとローレン・バコールを格好良く見せるためのドラマと思っていました。ところが実際は、地位も金もない目標を失った退役軍人の話で、しかも舞台は戦死した部下の実家のある辺境の島です。
 その地は神の末裔と誇る先住民たちが、貝殻を売ってひっそり暮らす場所です。
 物語は多数のギャングをボガードが傷つきながらも一人で倒し、ハッピーエンドで終わります。
 そして余韻として、この元軍人は麗しい後家と結婚し、この地で先住民たちと共生しながら余生を送る可能性を匂わせます。
 つまりこの映画は、戦争で勲章をいくつももらった男が白人社会からドロップアウトする話なのです。

 アメリカは才能と野心と運さえあれば、誰でも神の祝福を受け神殿の住人になれます。
 ハードボイルドの主人公たちは才能はともかく、野心と運が欠けた者たちで、だいたいは落伍者と見られます。
 多くのハードボイルド小説は、この落伍者ぶりを克明に描きます。耽美的にあるいはベタに、悲劇的にあるいは喜劇的に・・・。

 ただ彼らの共通するところは、裏社会と表社会のフチに住み、かつ神殿の住人たちのエリアにも入れるパスポートを持っていることです。
 そして、主人公たちは時には馬鹿馬鹿しいほど、命を捨てることと法の外に飛び出すことに躊躇がありません。

# by arihideharu | 2019-02-26 22:38 | 映画・演劇 | Comments(0)
隠れたパワースポット?
b0185193_22170339.jpg
 ぼくの散歩道にささやかな氏神を祀る神社があります。思い返してみると参拝したことがありません。時は正月でもあるし、文字通り初詣の場所にすることにしました。
 年が明けて三日目の昼下りです。
 
 鳥居をくぐり手水を使い拝殿の前に立つと、ぼくの前に女性が二人並んでいます。後ろ姿から歳はどちらも30前後と思われます。
 手を合わせ拝み始めた先頭の女性は銘仙風の着物姿で、羽織やコートをつけずマフラーだけを首に巻いています。帯は貝の口、履物はクロックスの古びたサンダルです。
 10秒20秒と一心に拝み続けています。やがて30秒を超えます。
「・・・」
 それからさらに30秒ほど過ぎ、多分通しで2分は優に超えたころ、やっと終わり次の番にきます。
 この方は普通の冬のコート姿です。
 ぼくは驚きました。この女性も長いのです。前の方より倍と思えるほどの時間を一心に拝むのです。
 その間ぼくは、社殿の上のよく晴れた空をただただ見ていました。

 何とか耐えぼくの番です。先ずは一息つき、お賽銭をあげ鈴を鳴らし、二拝して柏手をいつもより高らかに打ちました。すると頭に浮かんだのは、家内安全と四海安寧の文字。3秒ほど手を合わせます。あとはいつもよりいくらか丁寧に一礼して、この町中に佇む社を出たのですが・・・。

 もしかしてあそこは「隠れたパワースポット?」謎です。


# by arihideharu | 2019-01-03 22:17 | 暮らし | Comments(0)
明けましておめでとうございます。
b0185193_22082882.jpg

明けましておめでとうございます。
佳き年でありますようお祈り申し上げます。

今年もぼくはチャンバラと江戸の町を描きます。

b0185193_22142892.jpg






# by arihideharu | 2018-12-31 22:14 | 暮らし | Comments(0)