ブログトップ | ログイン
わくわく挿絵帖
sashieari.exblog.jp
ラファエル前派展
b0185193_4453850.jpg


 最初にラファエル前派の絵をみたのは美術手帳の誌面で、学生のころだと思います。相当衝撃をうけたのを覚えています。
 というのも、ぼくは少年のころから青木繁のファンで半ば崇拝していたので、ラファエル前派が青木作品の元ネタかもしれないとすぐに直感し、彼の独創でなかったことに動揺したからです。
 しかしその後、ラファエル前派を中心に扱う画集を本屋でみかけることもなく、ぼくの中でだんだん幻のような存在になっていきました。
 
 ただ、その当時人気の出始めたクリムトやミュシャがラファエル前派を継承した象徴主義の流れの中にあり、また帝政ロシアにおいてレーピンはじめ、写実派の画家たちが描く情感あふれる絵も、映画や芝居の一場面のようなドラマ性が共通し、それら一つひとつが、大きな歴史のうねりと絡み合い、国の違いはあれど同根だということを何となく感じていました。
 さらに近ごろは、最後の浮世絵師とよばれた月岡芳年が晩年、日本の神話や歴史を題材に連作したのも、地下で彼らとつながっていると思うようになりました。
 彼らに共通するのは、写真の時代に突入した19世紀末から20世紀初頭、職業画家の矜持でしょう、リアリティーとか絵画の役割について真摯に向き合う姿です。時代はモダンアートが炸裂する前夜でした。

 ところがそういった流れの先駆となったラファエル前派は、この展覧会からみて分かったことは実は作品において成功例は意外に多くなく、恋には忙しかったようですが、職業画家として勤勉さがやや欠如した様子がうかがえます。
 むしろ、この不完全さが魅力となり、勤勉で技量確かな象徴主義や民族派の画家たちの感性とやる気を刺激し、またその後の文学や映画などにインスピレーションを与え、広がりと完成度を高めていったような気がします。
 しかしなにより、共感の核心は青木繁と同じくラファエル前派には、神さまから祝福された青春の輝きがこの芸術家集団から放たれているからだと、この展覧会をみて思いました。
by arihideharu | 2014-03-27 04:46 | | Comments(0)
<< ウォーホル展 100倍面白い山手樹一郎 >>