ブログトップ | ログイン
わくわく挿絵帖
sashieari.exblog.jp
藤田嗣治について


b0185193_00264023.jpg
 先ごろ『藤田嗣治展』に行ってきました。
 見終わって帰りぎわ、「そういえば、実家のぼくの部屋の壁には藤田の『カフェ』をずっと貼ってあった」ことを思い出しました。

 藤田嗣治の絵とロイド眼鏡のモダンな風貌を知ったのは、多分中学生のころです。
 彼の美人画は美術全集を見る限り、竹下夢二とともに近代日本絵画の中で異才をはなっていました。そして子供でも、この二人は世俗に人気を集め、大層売れっ子であったに違いないと、さして解説を読まずとも独特の花のあり様で察しがつきました。

 高校生になり少しは解説を読んだり世間の評判を耳にすると、この二人、芸術的評価が低いことが分かってきます。
 近代絵画は文学と同様、悲劇性のある早世した天才画家に、注目が集まります。青木繁・村山槐多・佐伯裕三・松本俊介などなどです。
 彼等の共通点は、メランコリーでやや暗い画風です。
 ぼくも彼らにあこがれました。

 その点、上記の二人はメランコリーですが暗さはありません。
 彼等の共通する特徴は少しエロチックで、禁欲性がないことです。
 このことが、おそらく大きな違いを生み、割にあっさり大衆的人気を得た要因と僕は考えています。
 ただこれらはマイナス要素となり、玄人筋の嫉妬と不評をかったと想像できます。
 とりわけ竹下夢二は国内限定で、特に婦女子に人気でしたので嫉妬が加速したことでしょう。
 
 それに比べ藤田嗣治はパリではピカソのような花形画家でした。
 つまり国際的活躍をした日本で最初の絵描きといえます。おしみない賞賛がもっとあってしかるべきです。
 しかしながら、ぼくの持っていた画集の解説には、彼の絵はイラストレーションで芸術ではないというような評論が堂々と書かれていました。
 しかも、この論調は学校の教師たち、特に美術教師がよく用い、さらに彼が戦争画を描いたことから、戦争協力者というレッテルを貼る風潮も加わり、藤田嗣治を賛美することは学校でも世間でも封じられていた感がありました。

 当時ぼくの彼に対する態度は揺れていました。本当は好きなくせに、時と場合で嫌いな素振りをすることもありました。
 ただ、時折雑誌で見る戦争画だけは暗く不鮮明でしたが、不思議に納得するものがありました。
 何故なら、古来人物画を得意とする画家は優れた群像画を残し、その中には戦争画も多く含まれます。
 
 おそらく並外れたエネルギーと技量を持った画家だけが戦争画を描く資格を持ち得ます。彼にはその資格が十分ありました。
 したがって、先の戦争に巡り会った藤田嗣治が、戦争画を描いたのは当然の流れだなというのが、ぼくの感想でした。
 画家の側からいえば、その機会を得ることは天佑といえます。

 幕末の絵師・月岡芳年は徳川の世を終わらせた上野山の戦争を嬉々として描きました。
 それが後世、彼の出世作であり代表作と評されます。
 直参旗本の血を引く藤田が、美女を描き、戦を描き、ネコを描くことは歌川派の町絵師たちの名を出すまでもなく、いわば江戸っ子の習性であり美意識で、それを揶揄するものは、「とんだ浅葱裏(野暮天)だ」と藤田嗣治が腹で思っていたに違いないと、ぼくは今感じています。
 
b0185193_00304714.jpg

# by arihideharu | 2018-10-17 00:14 | | Comments(0)
上方と江戸
b0185193_21105665.jpg
 
 江戸期、上方と江戸では随分と風俗が違ったようです。
 例えば、市中を商品をかついで売り歩く振り売りを上方ではすべて「ぼてふり」といったようですが、江戸では魚屋だけの呼称でした。
 ちなみに「ぼて」は「はりぼて」の「ぼて」で竹細工に紙を貼ったあれです。商品を竹笊に紙を敷いて乗せたので、その容器を「ぼて」と呼んだようです。

 行商といえば、廻り髪結いが持つ道具箱を上方では台箱といい、江戸では鬢盥(びんだらい)といいました。

 道具箱つながりで、落語『三井の大黒』の中で、大工の道具箱を江戸ではおもちゃ箱と呼び、また大工のことは上方では番匠と呼ぶと語っています。

 男の代表的帯の結び方に貝の口というのがあります。これは上方と江戸では結び目が逆だったそうです。

 女性の風俗では、ハンドバック替わりの巾着袋は江戸末期になると上方では普通に使用されたようですが、江戸で見られるようになったのは明治以降でした。
 江戸で流行らなかった理由として、巾着袋をブラブラさせて歩くと侍の刀の鞘にひっかかり厄介だったからだそうです。ですから手荷物は風呂敷に包み、胸にしっかり抱えて歩くのが基本でした。
 何しろ、上方と江戸の大きな違いは武士の人口で、上方では全体の5パーセント前後と考えられますが、江戸では50パーセントほどあったそうですから、それは大変な違いでした。

# by arihideharu | 2018-09-13 21:11 | 挿絵 | Comments(0)
連続ドラマ『ゲーム・オブ・スローン』
b0185193_15193727.jpg
 
 長編TVドラマ『ゲーム・オブ・スローン』の新しいシリーズが出るたびに、まとめて観るのが、深夜の楽しみになって大分経ちます。

 この戦記ファンタジーを、世界中のファンが毎回口をあんぐりさせ観ていることでしょう。

 しかし、これを語るには相当骨が折れそうです。
 あまりにも長編で複雑な構成なので、一回や二回観ただけでは筋が飲み込めないからです。

 ただ見終わって確かに感じることは、スケールの大きい歴史劇が早いテンポで進み、強度のストレスとその解放が絶え間なく起き、これがこのドラマの中毒性を生んでいるとういう感覚です。
 
 舞台は架空の中世ヨーロッパ的世界で、末世といえる動乱期を、7つの王国の興亡を中心にして描かれます。
 この基本構造は、王家の人々に次々に起きる想像を絶するドラマを、ローテーションで見せていくだけでストレスと解放が繰り返され、カタルシスを断続的に味わえるという仕掛けにつながっていきます。
 
 ストレスを思いつくままに並べてみます。
 家族の四散、美しき王女が奴隷に、醜く産まれた王子あるいはお姫さま、勝ち目のない戦、裏切りと騙し合いの日々。魔術に操られる賢王。宗教に操られる民衆。美剣士が不具になり、美しき女王が断罪され全裸で民衆の前に晒されます。
 ストレスの解放をあげれば、嘘つきが正直に目覚め、臆病者が勇気を持ち始め、裏切り者が友となり、絶望の民は奇跡を目撃します。そして半身が麻痺した美少年、盲目となったお転婆娘、腕や男根を斬られた秀麗な騎士の前に、希望が見え始め、魔術の純情と宗教の不純が暴露されます。

 我々には『七人の侍』『風の谷のナウシカ』という映画史に残る戦記物の傑作があります。
 驚くべきはこのドラマは上記の二作をやすやすと越えていることです。
 それは多分、大作映画と変わらぬ質を持ちながら、連続ドラマという史上希にみる形式を手に入れ、主要人物の心理のひだや、人類史のタブーを描写し得たことが大きな要因になったと思われます。

 タブーとは不具や奇形、同性愛、異常性愛、近親相姦、人食、奴隷や人身売買、日常的殺戮と強姦、宦官の存在、魔術と宗教、死者の扱い方と災い、予言者や奇跡の生態、あるいは職能としての聖者です。
 これら難題であり、かつ深刻になりそうな事象をエンターテーメントの中に閉じこめ、それら多くが現代では絶対悪にされそうなことを自然な流れの中で語り、人類の起源や宗教や思想・文化の成り立ちをゲームのようにあっさりシミュレーションしています。

 部分的に見れば、戦士は両手で剣を持ち日本刀のように振るいます。さらにドラマの中心人物となるジョン・スノーが八相の構えで、無数の騎馬兵を迎え打つ感動的シーンは『七人の侍』へのオマージュです。
 また『風の谷のナウシカ』を思わせる、幼さを残す王女が大空を滑空するシーンが象徴的に繰り返されます。
 
 いわばこれらは、活劇のツボをしっかり押さえている証左なのですが、ジョン・スノーの大義は人類を救うことであり、志村喬が演じる島田勘兵衛のそれを越えています。
 また愛らしさを残しながら、あらゆる恥辱や困難を乗り越え、龍にまたがり飛翔する王女の貫禄は、ナウシカの少女像を抜き去ったといえます。

 ともすれば結論を急ぎすぎる現代人にとって、この終わりも答えもないドラマ形式は、芸術家の直感力を最大限覚醒させる実験場と化したようです。

 ぼくの映画経験では、今村昌平が『神々の深き欲望』で孤島を実験場にし、近親婚などのタブーを描くことによって、霊力の可視化に成功し、人類や神々の起源をシミュレーションしていたことを思い出します。

 『ゲーム・オブ・スローン』はこれから先、大きな道標になる作品だというのが、ここまでのぼくの感想です。
b0185193_15190368.jpg


# by arihideharu | 2018-07-30 15:20 | 映画・演劇 | Comments(0)
ある日の午後
b0185193_20342310.jpg

ぼくが昼食をとるチェーン店は、大概かすかな音でジャズが流れます。
 いずれも、聞こうとしないと耳に入らないほどのボリュームですが、聞こうと思えば確かに伝わるボリュームです。
 
 ある日のトンカツ屋ではビリー・ホリデーが流れ、ラーメン屋ではエリック・ドルフィーのソロが続き、定食屋はマイルス・デイビスが静かに響き渡ります。
 また、リタイヤした酔客が多い午後の居酒屋は、ドリス・デイの歌声が聞こえます。 
 例外もあります。ステーキ屋だけは大きめの音でデキシーランド・ジャズが流れます。

 先週、数駅足を延ばし人気の牛タン屋に入りました。カウンター席につくなり、いきなりチャーリー・パーカーのアドリブが鮮明に聞こえました。
 生ビールと定食の味が、数段良くなったのは勿論のことです。

# by arihideharu | 2018-06-08 20:35 | 暮らし | Comments(0)
不思議な着物
b0185193_17112303.jpg
 和服の起源は呉服の名から、古代中国から伝わったと漠然とぼくは思っていました。
 ところが歴史家の武田佐知子さんが、かなり前から異を唱えていることを、ぼくは近年識りました。

 武田さんは和服のルーツは貫頭衣だというのです。
 貫頭衣とは、シーツ状の布の真ん中に穴を開け、そこに頭を通して着用する、漫画やコントによく出る原始人が着ている、あの衣装です。
 卑弥呼の時代、一般日本人の風俗として魏志倭人伝に書かれていると教科書で習ったことを思い出しますが、そのときぼくらは古代日本はなんと遅れていたのだろうと思ったものです。

 ところが武田説によると日本の場合、織物の技術が着物に使う反物で分かるとおり、幅が古代から腰幅程度だったという事実を根拠に、日本の貫頭衣はポンチョ型ではなく別だというのです。

 作り方としては、2メートルほどに織り上げた幅30センチ程度の帯状の布を並列に置き、端から半分ほど縫い合わせます。すると、半間用の二つに裂けた暖簾のような形になります。
 縫い合わせた部分が背(着物でいう後見頃)になり、分かれた部分が前見頃となります。次に上部以外の脇を縫い合わせ、完成となります。
 これを羽織り、前を交差させ、縄や紐を胴や腰に結ぶと武田説の貫頭衣になるというわけです。

 この説明で思い浮かぶのは、映画『隠し砦の三悪人』で三船敏郎が、あるいは劇画『カムイ』でカムイが着ていた野良着の袖無しです。
 万葉集には布肩衣(ぬのかたぎぬ)と呼ぶ、庶民が着る衣装が登場するそうです。
 これがまさに貫頭衣と同型であり、後の呼称の袖無し(別名、手無し)そのものだと、武田さんは説明しています。

 ここまでの画像イメージを重ねると分かるように、日本流の貫頭衣に、袖としっかりした襟をつけたら構造が和服と一致します。

 サザエさんの漫画や小津映画で分かるとおり、少し前の日本人は自宅でくつろぐときや寝るときは、男女とも和服スタイルでした。 
 和服の特徴は男女同型ということと、裾が開いていることです。
 
 この裾が開いている状態というものは、少々淫靡です。何故なら男女が着衣のまま、交合うことが出来るからです。
 江戸期頂点を極めた枕絵の特徴であり魅力は正にこれで、裾をちょいと上げただけで情を交わしている場面が日常として描かれ、エロスが匂い立っていることです。
 
 また武田さんによると古墳時代以降、権力を持つもの、あるいはそれに仕える者は袴を着けるようになり、それが埴輪で立体化された神々のコスチュームであり、律令国家が形成されてからの貴族や役人・女官の象徴的ユニホームになったということです。
 勿論、侍もこの流れの中にあるわけで、着物を着、その上に袖無しを羽織り袴を着けたら、立派な裃姿の侍になります。

 不思議なのは、これら支配者側の者も私生活では袴をぬぎ着物を常用し、明治まで袴(ズボン)という文化が日本全体に広がらなかったことです。
 つまり、何故に着物がこれほどに愛され続けてきたかということです。

# by arihideharu | 2018-05-29 17:12 | 読書 | Comments(0)