ブログトップ | ログイン
わくわく挿絵帖
sashieari.exblog.jp
<   2018年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧
国貞2
b0185193_18320348.jpg
 歌川国貞(1786-1865)を詳細にみていくと、仕事がおそろしく丹念なのに驚きます。一つひとつ細部まで、およそ不明瞭なところがありません。
 例えば眉毛ばかりか睫毛まで一本一本描いてみせ、また着物の柄の克明さは秀逸で、ファッション画としての資料価値も高そうです。さらに小物類や家具調度の正確な描写には頭が下がります。

 描き方としては、ありとあらゆるものを線でとらえ、その個体が何であるか納得確認しながら描いているのがよく分かります。
 つまり、このスタイルはどこを切りとっても、記号として読みとることが出来るようになっています。
 これは森羅万象、すべてを畏敬をもって同等にあつかうという、日本人がもつ宗教観と関係がありそうです。
 そして、このあたりに圧倒的に大衆に指示された理由もありそうです。

 しかしながら、この画風は成功するとすばらしい緊張感のある絢爛たる世界をうみますが、気を抜くと丁寧な仕上げに関わらず、まとまりに欠ける緩慢な印象になります。彼にはこの手の絵が多数あります。
 これはぼくが愚考するに、売れ過ぎた画家の宿命であり、全体の構成より注文主の要望や販促を優先した浮世絵がこの時代背負った使命のためと思われます。
 このことはむしろ、半ば広告やカタログのような絵もけっして厭わなかった国貞の真骨頂と今ではぼくは理解しています。
 やはりこれは、浮世絵師のあるべき姿の到達点と言わざるえません。

by arihideharu | 2018-02-14 18:33 | | Comments(0)